BLOGブログ

2022.09.07 Wednesday

サローネ後のミラノキッチンショールーム

 

 

 

北イタリアを代表する総合キッチン、家具メーカーのBoffi

 

ソルフェリーノ通りのショールームは、買収し続ける家具メーカー

 

の集大成で、スペースが拡張する一方です。

 

 

 

 

インテリアを考える時、まず最初にキッチンのデザインから入るのは

 

日本も同じ傾向がある様で、クローズドキッチンからダイニング

 

リビングに解放されてオープンキッチンになり、キッチンを中心にした

 

インテリアデザインの統一が進み、収納、家具メーカーも急いで

 

キッチンメーカーを買収している現状です。

 

 

 

 

キッチンハウスでも、エバルトで丸テーブルの開発が進んでいます。

 

今年は丸テーブルが流行で、どこのキッチンメーカーでも見受けられます。

 

キッチンはどうしても角が多いので、テーブルでの丸は新しいのかも

 

知れません。

 

 

 

 

 

張り出しテーブルやカウンターもよく見かけます、天板がかなりの

 

厚みなので、この幅の中で、持たせる工夫がされているのだと

 

思いますが、脚が無いのはやはり使い易いし綺麗です。

 

 

 

 

 

 

 

キッチンから始まるダイニング、リビング、寝室、浴室、

 

インテリアの全てをBoffiのテイストで統一する為に、

 

アートディレクターのピエロ リッソーニ氏率いる事務所は

 

総合的な世界観を確立する事に成功しています。

 

 

主にアングロサクソン圏にマーケットがあるBoffiは、

 

キッチンショールーム前に、壁、天井の色を統一出来る

 

塗料、素材のショールームも設けています。

 

 

キッチンメーカーは今、総合インテリアメーカーの方向に

 

進んでいる様です。。。。。。。。