新しいスタイルの提案をしながら、セントラルヒーディングシステムを広めるべくボイラー会社を設立。これがキッチンハウスの前身となる。

1960年

東京都世田谷区に駒沢店を開業する。ドイツ製システムキッチンや、プロ仕様のキッチン用品を輸入販売した。

1975年

キッチンの製造、販売、設置に至る一貫したシステムを国内初で本格的に始動するため「台所を考える店」としてキッチンハウス株式会社を設立。

1976年

オリジナルシステムキッチンの国内生産を開始。日本風土に適したキッチン開発を行った。

1979年

スカンジナビアモダンの名作家具や小物を展示販売する、「美しい暮らしのギャラリー/デン・パーマネンテ・ギャラリー」を駒沢店に増設。

1982年

群馬県藤岡市に藤岡工場を設立。36,000m²にもおよぶ広さ、システムキッチン専門工場としては日本最大級の規模を誇る。

1984年

高圧メラミンワークトップの自社開発・生産を開始。同時期に、自然なぬくもりを伝える木製浴槽の製造販売を展開。

1986年

水漏れを防ぎ、清潔さや使いやすさを高めたフロントアップ・バックアップ・サイドアップの技術を開発。

1987年

青山パークタワーに314セットなど、多数の高級マンションに納入される。

2003年

株式会社TJMデザインとの合併。Tajimaツールのハード面とキッチンハウスのソフト面が新たなキッチンハウススタイルの可能性を広げる。

2005年

これまで培われた高圧メラミンワークトップ加工技術を生かした新スタイル商品"エバルト"を発売。

2008年

海外では初出店となる上海ショールームがオープン。

2011年

キッチンから広がる、ダイニング・リビング空間のトータルコーディネート提案型ショールームを全国に展開。

2012年

福岡店が緑豊かな博多の森に移転し、新たにスタート。

2014年

ミラノサローネにて世界で活躍している建築家・隈研吾氏デザインの「IRORI」を出展。

2015年

2016年に岡山ショールーム・本牧テラス ショールーム、2017年にはつくばヴィレッジ ショールーム〈仮称〉完成予定。
※写真は岡山ショールームです。

2016年〜