BLOGブログ

2015.04.25 Saturday

インテルニイベントの第2弾ーブレラ美術館


 
 
 
 
 
 
ミラノのチェントロ(中心街)にある国立美術館、17世紀にイエズス会の手に寄り
 
 
建設された建物を1772年、ロンバルディア王を兼ねていたーマリア テレジアが、
 
 
美術振興の為に美術の収集を始め、その後、1887年ナポレオンは誕生日に、この建物を
 
 
正式に国立美術館として一般の人たちに公開したそうです。。。。。。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
その国立美術館の中庭でもインテルニ誌のイベントがここ3年開催されています、
 
 
 
今年は香水のメーカーのようです、初めての年は、ザハハディン女史(日本でもオリンピック
 
 
 
会場設計で有名ですが)大理石の会社のインスタレーションと、ベニスのシャンデリアの
 
 
 
会社のイベントをしていました。この場所は植物園として一般にも公開されていて
 
 
 
 
ウィークデイの朝8時から夕方5時まで入場出来ます。ブレラ美術館の学生を始め
 
 
 
 
一般の人も知るぞ知る、都心のオアシスです。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
確か去年は、リビングディバーニーナッツージ社のモダン部門と、家具の材料
 
 
 
メラミン会社がコラボしてイベントをしていました。リビングディバーニ社からは
 
 
 
ふんだんにソファーが運び込まれて、歩き疲れたサローネ見学者は、とても喜んで
 
 
 
ふんだんにある緑と、新鮮な空気をエンジョイしていました。。。。。。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
夕暮れが遅くなって来たミラノでは、8時過ぎまで明るいので、サローネ期間中は
 
 
 
 
イベントをしている場所が広範囲に広がったこともあり、大学が24時まで、ブレラが
 
 
 
23時まで開催されている情報を元に、夜遅く到着するサローネベテラン派も増えています。
 
 
 
 
 
フォーリサローネは、益々盛んに大きくなっています。。。。。。。