BLOGブログ

2021.04.08 Thursday

東吉野のデザイン集団

 

 

世界的な椅子のコレクターの永井敬二さんと吉野の維鶴木工に

 

伺いました、永井さんのスーパーレジエラと、キアバリのジオ

 

ポンティの椅子のオリジナルになった原型等が修理の為に

 

この工房に来て居ました。藤川拓馬さんは大阪育ちで、ただ

 

吉野杉、檜に惚れてこの地に根をはることにしたそうです。

 

 

 

 

 

旅館の椅子の注文を貰ったと言う事で、永井敬二さんにディテールを

 

相談して居ます、これはぴったりのアドバイスを得られると思います。

 

 

 

 

 

右下のお酒の盃を吉野杉で、木のろくろを回して製造されて居ます。

 

 

 

 

また車で30分くらい、吉野山に近ずいたら、若者がクリエイティブな

 

活動を共同でする’オフィスキャンプ’と言う民家を改造した事務所

 

大変簡素にシンプルに纏められています。センスの良さを感じます。

 

奈良近鉄の広報を担当されて、奈良の深い魅力を発信されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

このお洒落なギャラリーの上の吉野山を見渡せるカフェーで

 

お昼を頂きました、やはり奥大和で活動しておられる工業デザイナーの

 

展示です。照明もインスタレーションもとても気が利いています。

 

 

 

 

 

 

'MINNE'は、若いご夫妻で、ご主人は家具、木工を、奥様はパティシエで

 

ケーキやクッキーを作って売っておられます。都会から来た

 

若者が多いこのエリアで、こんなケーキ屋さんがあるのはとても

 

癒されるようです。地に足を付けて、しっかり目的に向かって

 

歩いている若者の姿に、とても新鮮な嬉しい気分になりました。

 

日本もこれから、良い方向に行くような気になります。。。。。