BLOGブログ

2011.10.06 Thursday

イタリアで一番美味しい場所


 
 
 
 
 
このブログでも再度登場しているクリストフ ラドル氏
 
 
 
 
ミラノのインテリア雑誌―インテル二誌のアートディレクター
 
 
ミラノでも一、二を争うグラフィックデザイン事務所も経営しています。
 
 
 
 
 
 
先週は,インテル二誌が中国の北京で‘トリエンナーレ’のデザインフェア~
 
 
勿論アートディレクターも出張。。。。。
 
 
 
 
帰って来たら、すぐに自宅に招待してくれました。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
私が知っている友人の中でも一番のグルメ
 
 
 
 
今日のメニュ~は手に入り難い小さい烏賊のソティ
 
 
 
 
烏賊の中には,2時間くらいゆっくり火を通されたトロペア
 
(イタリア南部のカラブリア地方の中心地)のタマネギ
 
とパプリカが詰め込まれています。。。。。。。
 
 
 
 
 
最初にキッチンで乾杯!
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
フランスのシャンペン’ブラン デ ブラン’です。
 
 
 
 
 
 
クリストフは美味しい物好きで、お料理も大好き!
 
 
 
 
 
 
手打ちのタリアテーレのパスタは忘れられません。
 
 
 
 
 
日々の忙しい仕事の後、ソルフェリーノ通りにある、グロサリーでの
 
 
お買い物はきっと、最適なリラクゼーションなのでしょう、、、、、
 
 
 
 
 
 
ファッションのブランドが所狭しと並ぶソルフェリーノの通り
 
 
 
 
 
 
その中で、いつも産地から特別に仕入れた野菜やチーズを
 
 
取り揃えたブロサリー 
 
 
 
 
 
今日も初めて、‘湯葉’のように繊維状になったモッツアレラ チーズ
 
 
を頂きました。テキスチュア~は全く湯葉のようです。
 
 
繊細で口に入れたら溶けてしまいます、、、、、、、
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
長年,クリストフはこのアパートにいて、
 
 
いつか下の階のアパートを買ってメゾネットにして、、、、、、
 
 
テラスにはガーデンを作りたいと!
 
 
 
 
 
 
クリストフは実現しました。
 
 
改造に2年はかかったのではないでしょうか?
 
 
 
 
 
 
テラスの大きな窓のフレームを7階まで運ぶのは難しかった様子です。
 
 
 
 
 
でも今ではとても快適な住まいが出来上がりました。
 
 
 
 
 
 
いつ訪れても素敵なインテリア、そして心のこもったお料理
 
 
 
 
 
 
レストランはミラノでも沢山ありますが、クリストフのお宅が一番
 
 
リラックスして美味しい場所です!
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
class="pict" />