BLOGブログ

2014.02.12 Wednesday

サラの御宅の追悼ディナー


 
 
 
 
 
去年一月に亡くなったシルバーノ クリスピー氏のご自宅
 
 
一周忌が行われました、親しい遊び仲間だけの会です。
 
 
 
奥様は大の料理好き、テーブルセッティングも完璧です、白いランチョンマット
 
 
花瓶カバーも蝉の羽で出来たような繊細なもの、白い薔薇が少し
 
 
センチメンタルをそそります。。。。。。。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
改造を始めたら建築の方が見つけたフレスコ画!
 
 
シルバーノ氏がご健在の時に、嬉しそうにこの素晴らしいフレスコ画を見て
 
 
暮らせるのを自慢されていた顔を思い出します。
 
 
300年くらい前に出来た建物のようで、何度も改造していた跡が残っていましたが、
 
 
流石イタリアの職人、壁の厚さに気が付いて、何かを隠す為にフレスコ画のある壁
 
 
にもう一つ壁を塗り籠んだ跡があり、それを丁寧に掘削したそうです。。。。。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
改造する時に、なるべくオリジナルの建物を大切に、インテリアに使う色だけを
 
 
ウオームグレイにする事をシルバーノさんが決めた、でも塗装の色を調合する時に
 
 
立ち会って、微妙な色合いを出すのにとても苦労した話を聴きました。
 
 
真っ白い壁に木の窓枠、入り口の扉枠、造り付けの書棚のフレイムは全て
 
 
同じウオームグレイです。まるでメゾンドオブジェの家具屋さんのブースのような
 
 
落ち着いた洗練された室内です。居間はここが家族のリビングで、入り口に
 
 
真っ赤なソファのセットが置いてある客間が有ります。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
入り口も暖かさとセンスの良さが映えてとても素敵です。
 
 
 
地下にはワインセラーがあり、ピエモンテのワインが所狭しと貯蔵されています。
 
几帳面なご主人が生前、作っておられたワインリストの中から,今日飲むワインを
 
選択してからの夕食です。
 
 
 

 
 
 
 
未だ涙の乾きいらない奥様ーサラの事を考量して誰もシルバーノ氏の話を避けています、
 
 
美味しい物と楽しい時がアットいう間に過ぎようとしています。。。。。
 
 
 
でもきっとシルバーノさんは白い薔薇の陰から皆の笑顔を一緒になって
 
 
楽しんでおられる事と思います。本当に素晴らしい一周忌の思い出です。