BLOGブログ

2015.03.29 Sunday

美しい桜の季節到来!


 
 
 
 
 
桜の開花は日本人に取って特別なものです、一年中この一週間の為に
 
 
桜の木は葉を付け大きく育ち、落葉して冬の寒さを凌ぎ、莟を膨らませます。
 
 
 
自宅の近くに目黒川があり、良くその川沿いを歩くのでそうした桜の一年間を見ています、
 
 
引っ越して来た頃は近くの人がゆっくり歩いていて、のどかな川沿いでしたが
 
 
今はブティックや飲食店が増えて特に桜の季節は近づきがたくなっています。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
東京ではやはり千鳥ヶ淵ーここも舗装されてしまって、以前のように土の道ではなく
 
 
少し風情が変わりました、、、、、、でもやはり東京では一番好きな所です。
 
 
 
北の丸公園から、皇居に入っても良いし、武道館から千鳥ヶ淵を見下ろす道も
 
 
とても美しいです、朝きっといつも通っておられるお年を召した方々がタイチを
 
 
されていたり、体操されていたり、のんびりと時間が流れています。。。。。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
以前桜の季節に良く訪れた西伊豆の大沢温泉ーなまこ塀があり、倉には素敵なバーもあり
 
 
 
イタリアから友人が来るといつも訪問するとっておきの宿! でも去年11月からクローズ
 
 
と言う噂を聞いて、建物を見に行ってみました、確かに旅館としては営業してないのですが
 
 
建物はそのままの情緒を残し、黒光りした廊下はそのまま、入り口の立派な梁もそのまま
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
三脚を持って写真を撮影して若い方に事情を伺いますと、やはり経営難で閉めたのですが
 
 
支配人等は残って今後の事を検討されているとか、、、、、、これほどまでに美しい梁が
 
 
もしかしたら、もう二度と建てられないディテールもあるのでしょう、、、、
 
 
各部屋がお蔵を改造されていて、なまこ塀が経年変化をしっとり伝えます。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
心ある方が買い取って又以前のような静かな落ち着いた温泉旅館にして下されば良いですが
 
 
 
最近調べてみると、各地方に大切に保存された古民家が残るのを見ます。興味を覚えると
 
 
 
自然その情報に気が付くものです、大昔、京都に上里さんと言う建築家がいらして
 
 
 
滋賀の方に茅葺きの大きな民家を買って、建築家や造形作家、写真家の宿にされていました、
 
 
 
近くの河原で自然の鰻を手づかみで捕って、いろりとは別の七輪で焼いて頂きました!
 
 
 
鰻を直火で焼くのですがものすごい油が出て来て、火事にでもなりそうな炎を思い出します。
 
 
この季節は桜に酔っていて、、、、、いろいろな事をふと思い出したりするものです。。。。。