BLOGブログ

2017.03.15 Wednesday

イタリアの奥深さNo.2


 
 
 
前回、プラダ財団のレム クールハウス設計の建築デイテールを取り上げる約束をしましたので
 
 
目を見張った数点をご紹介します、お話しましたように、この建物が約100年前建てられた蒸留所
 
 
だったので、外観はコンクリー打ちっぱなしの粗野な感じのする建物ですが、中に入ると
 
 
驚きの連続です!
 
 
 
まずチケットを購入して、美術館の入り口の金屏風のような、間仕切り
 
 
ラスティックな材料と、金箔を張ったような間仕切りは、複雑に入り組んだオランダの美しさを
 
 
思い出せます、特にレム クールハウスが事務所を置く、ロッテルダムは港町のラフさと
 
 
商業の中心であ活気が混じり合って、複合の美しさがあります。
 
 
 
 

 
 
 
 
去年、この美術館はオープンしているので、まだ金属に錆びが出る頃では無いと思いますが
 
 
ラスティックな柱と、繊細な塗り壁+微妙な色合いの違いを見せる床のタイルとミスマッチ?
 
 
この組み合わせが今どのインテリアにも新しさを演出しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キッチンハウスーオートクチュールーキッチンで、発売した光るキッチンの土台のような素材
 
 
 
レム クールハウスが改装した時に、外装に使っているマテリアルです。
 
 
 
一見、殺風景な印象を与える、蒸留所の外壁を生きた生物のように、建物自身にも、生の息吹を
 
 
与えている感じがします。
 
 
 
 

 
 
 
 
プラダ財団のキュリーエイターが選び抜いた現代作家の中から一点選んで
 
 
内装の壁に採用されているディテールの写真です。
 
 
 
遠くから見ると同じ優しいサーモンピンクに見える図案ですが、
 
 
よく見ると、このようにいろいろな人物が描かれています。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
この美術館の壁は、とても厚いビロードのピンクー布が一面に張ってあります。
 
 
 
ラスティックな素材の床材と不思議にマッチしています。
 
 
 
作品がかなり、強いイメージの物が多いですが、このビロードの布壁がオブラートに
 
 
 
包んだように、柔らかい表情に変えています、、、、、、、、
 
 
 
 
一見、合理主義だけを貫いている感のある、ロッテルダム魂は
 
 
本当に優しさを密かに持っているのかも知れません?