BLOGブログ

2019.02.02 Saturday

エジンバラロイヤルボタニカルガーデン

 

 

スコットランドのヴィクトリア アルバート美術館に行くのには、

 

エジンバラで飛行機を乗り換えなくてはならなくて、零下のエジンバラで

 

一日、でも晴天に恵まれて、1670年オープンの王室植物園に参りました。

 

 

 

 

開館当時から、植栽されているという、南洋樹木!

 

高さは、優に50メートルを超えるもの、暖かさと湿気で

 

すっかり日常に戻った気がします、兎に角、外は寒いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温室を観るだけで1時間は掛かる広大な広さ!

 

 

繰り広げられる世界中の植物、見たことのないものばかりで、

 

すっかり有頂天!(最近、一番何に反応するか?自問してみたら

 

植物のようです、、、、、)

 

 

 

 

 

 

 

降り注ぐ太陽を浴びながら、広い庭園を歩いていたら、

 

リスが、木の実を見つけて食べていました、きっと誰も邪魔しないのでしょう、

 

逃げることもなく、楽しませてくれました。。。。。。

 

 

晴天は珍しいそうですが、太陽をふんだんに浴びるエジンバラは美しかったです!