BLOGブログ

2012.10.18 Thursday

キッチンハウスの夢


 
 
 
 
 
隈研吾建築事務所での打ち合わせの様子
 
 
 
上海のキッチンハウスショールームは隈研吾さん設計
 
 
 
オープニングの様子を御知らせしたのは5月ですからもう半年近く経ちます。
 
 
 
之までの隈研吾氏の試行錯誤の末のマテリアルを使って
 
最近の著書’場所論’に則って,細い木組みに思考をこらして
 
とても素晴らしく出来上がりました!
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
現代美術の画廊にぴったりな空間
 
 
 
ここはキッチンハウスのキッチンを製作している工場の一部に改造されたスペース
 
 
 
ここに、今弊社の社長田島庸助と建築家隈研吾氏の夢が広がります!
 
 
 
当初、敷地を見学された隈研吾氏から場所柄、戦後ドイツからやって来て
 
活躍した建築家ブルーノ タウト氏がこの地で生活をし、工芸デザインを
 
高崎工業学校で教鞭をとられた歴史に元随て、テーマに持って行こうと考えていました。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
最近はブルーノ タウトに加えて,現在世界で活躍中の隈研吾氏にも
 
光を当てた美術館を作る事に興味の重心が移りつつあります。
 
 
 
 
パリのポピドーセンターでも、最近出来上がる興味のある美術館5軒の内
 
隈研吾氏の作品-2点が詳しいコンセプトの紹介と採用された材料の
 
選択された理由、‘場所論’の議論のヴィデオが流れていました。
 
 
マルセイユの美術館ーコルビジェのユニテアビタションの有名なコンドミニアムの近く
 
 
http://kkaa.co.jp/works/frac-marseille/
 
 
 
ブザンソン芸術文化センター
 
 
http://kkaa.co.jp/works/besancon-art-center-and-cite-de-la-musique/
 
 
 
 
藤岡のキッチンハウスの美術館も上記に匹敵するものになるよう
 
企画が進められています。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
この写真はキッチンハウス板橋本社の営業企画室
 
 
 
 
TJMデザインの5代目ー田島宗八専務がキッチンハウスの未来を少しずつ、
 
そしてしっかりと確実に明るい未来に向けて地に脚をつけて歩んでおります!
 
 
 
 
今日の会議は新しく印刷される予定のキッチンハウスカタログを巡って、
 
キッチンハウス各ショールームの店長が集まっての広報会議です。
 
 
 
 

 
 
 
 
キッチンハウス経営企画室の広角写真です!
 
 
広々とした天井の高い事務所で優秀なスタッフが未来に向けて
 
夢を膨らませています!
 
 
 
之からもキッチンハウスの将来に乞うご期待!!