BLOGブログ

2015.03.19 Thursday

坂茂氏と熟女4名の会食


 
 
 
 
 
東京ーパリ、世界中を飛び回っている建築家坂茂氏が韓国の仕事を一緒にしている
 
 
造形作家ーCHOI女史が、プロジェクトのコンセプトが固まったので食事会を!
 
 
チネチッタのオーナーー三須考子さん邸で開催されました。
 
 
 
 
招待されたのは、ファッションデザイナーの稲葉よしえさん、個性的な熟女達?
 
 
 
坂茂さんと付き合いが長いと言う事だけで私も招待されて、、、、
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
三須考子さんの元ご主人がイタリア大使だった事もあり、大変なおもてなし上手!
 
 
久しぶりに逢う熟女達に、戸惑いながら和やかに時間が過ぎる坂茂氏
 
 
 
話題は、坂茂氏がアメリカ クーパーユニオンに留学していた時代の話、
 
 
 
彼此、35年位前の話から、エットレソットサス氏とも交流のあった韓国のCHOI 女史も
 
 
 
好んで良く行く、スリランカの坂茂氏の仕事ー大地震後の簡易住宅
 
 
 
そして坂茂氏にも大きく影響を及ぼした建築家ージェフリーバワの仕事
 
 
 
坂茂氏の活動に共鳴して自邸の設計を依頼したベルギー人経営者の別荘
 
 
 
話題は世界を駆け巡ります。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
昨年、6月にオランダアムステルダムで開催されたプリツカー賞の授賞式
 
 
 
 
アメリカからグランドハイアットグループのCEOプリツカー氏を始め
 
 
オランダのベアトリクス元女王も参加されての授賞式
 
 
緊張気味の坂茂氏のスピーチは本当に素晴しく、感動して涙している人影も、、、、
 
 
東京、パリ、ニューヨークの留守を預かるパートナーの建築家達も壇上に挙り紹介されて
 
 
長年付き合ったパートナー達は次のプロジェクトへのファイトと勇気を語っていました。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
TJMデザイン代表取締役田島宗八専務も、坂茂氏のプリツカー授賞式には参加
 
 
 
 
RIJKS美術館で行われた授賞式後の晩餐会では田島宗八専務の大好きなフェルメールの
 
 
絵画の前に釘付け!
 
 
 
いつも新たな発見ある場所でのプリツカーの授賞式、オランダ黄金期
 
 
 
17世紀美術の宝庫であるRIJKS 美術館の宝石達に包まれての豪華な晩餐会
 
 
 
田島宗八専務も世界各国から集まられた方々と話が弾みます!
 
 
 
 
 
 
このご縁でもしかしたら?坂茂氏の講演会もキッチンハウスの主催で開く事が出来るかも?
 
 
 
知れません。。。。。。被災地への深い愛情と瞬時の対応で多くの国民から感謝される
 
 
 
建築家ー坂茂氏、彼を昔から知る女性達との食事会ー今日の坂茂氏はとても楽しそうです。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
北朝鮮と韓国の間にあった国境地区は大変美しい自然の宝庫と化しているらしく
 
 
 
そのあたりに竹の陸橋を架けて散策出来る道を造ったら楽しい!
 
 
 
私はすぐニューヨークのハイレインを思い出しましたが、スケールが違う
 
 
隣にいたCHOI女史もその辺りをご存知の様子で、珍しい鳥や蝶、動植物が
 
 
70年の歳月手つかずのままにあるので野生化して、たいへん興味深い!
 
 
私にはあまり縁のなかった土地故に、すぐにピンと来ませんでしたが、
 
 
世界中を歩き回る人たちとの会話はまるで、飛行機を超えて気球に乗っているようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
今度はパリのセーヌ川の中州のルノー工場地跡の再開発の話。
 
 
 
世界中の建築家がコンペに参加して、プロジェクトが無くなったり、再会したり、
 
 
ついに、色々な紆余曲折の末、坂茂氏が指名コンペに当選して受注!
 
 
’アルノー氏の美術館用地を安藤忠雄氏が設計、ルノーとの折り合い悪く、
 
 
ベニスに移動ー CHOI女史が、それで反って良かったわね!と一言。
 
 
 
 
終わりを知らない会話が時間を止めています。。。。。。。。。