BLOGブログ

2018.10.17 Wednesday

カルロ カーラ展覧会ーパッラゾ レアーレ

 

 

未来派(フトウリズモ)の画家として、最近益々注目を浴びている

 

カルロ カーラの個展が、パラッツォレアレの美術館で開催

 

素晴らしい会場構成と、変遷していく絵画の方向性を

 

ゆっくり鑑賞しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

一番気になった’浜辺の一本の木’

 

ジョージキリコとの出逢いが、形而上絵画へと発展し

 

静寂と心理的な動きに、深く引き込まれる絵です。

 

 

 

 

決して裕福では無かった幼少時代から、叔父の援助でブレラ美術大学

 

での専門的な勉強の時期、ロンドンでターナーの絵に感激し、

 

キリコとの出逢いと決別等々、白黒写真が美しくカーラの人生を表現。

 

 

 

 

未来派への移行と、その時代の持つ、ファシズムへの反抗、

 

ムッソーリの未来派絵画を政治運動に利用していく事への

 

カーラの反発が、細かく説明されて居ました。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

13世紀からミラノを統治した王により改築を重ねていく

 

パラッゾレアーレ、政治不安を他所に、ミラノは観光都市として

 

華やかに開花しています。。。。。。。