BLOGブログ

2019.01.30 Wednesday

隈研吾氏設計の V&A ミュージアムダンディー市

 

 

 

去年12月に隈研吾氏とお食事をした際に、1月28日、イギリスの王室を

 

ご案内するので、とのお誘いに早速伺うことにしました。所がダンディー

 

と言う場所は、ヨーロッパのどの都市からも乗り継ぎが困難で、エジンバラから

 

隈研吾氏の依頼された車に同乗させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

イタリア人のマオリッツオさんは、隈研吾ロンドン事務所の建築家で、

 

8年前にコンペでの勝利から昨年のオープニングまで、ダンディー市に

 

通ってこの素晴らしい美術館を完成させて担当者です、色々なエピソードや

 

この街に小さな病院をフランク ゲイリーが設計されて、それで建築の重要性を

 

ダンディー市の人達が認識した話、、、、とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。

 

 

 

キッチンハウスの岡山店、神戸店の天井と同じディテールです、

 

今年オープンする立川ショールームにも、採用させれています。

 

 

 

左の女性は、ロンドンの土地をクイーンエリザベスの次に所有されている

 

大不動産会社のCEO, 隈研吾氏はロンドンでも大きなプロジェクトを

 

企画中で、ロンドン事務所も忙しくなりそうです。。。。

 

 

 

 

前日、V&Aダンディーのコーアーキテクトと一緒に夕食、

 

日本の男性は、オリンピックスタジオの施工を担当する大成建設の方々です。

 

隈研吾氏は、この後すぐに帰国、また3日後にはロンドンの建物のオープニングに

 

戻られるそうです、、、、’この美術館をダンディー市の人々がエンジョイしてくれて

 

嬉しい!’隈研吾氏の感想です!