BLOGブログ

2021.06.21 Monday

オートクチュ~ルキッチンが映える世田谷ショールーム

 

 

友人の歯医者さんご夫妻が、キッチンハウスでキッチンをオーダーされて

 

ダイニングテーブルと椅子、照明の相談があったので、

 

世田谷ショールームへお連れして、トリフのダイニングテーブルを

 

お勧めしました。テーブルのセンターに、キッチンの天板に使われた

 

大理石を埋め込んで、トリフテーブルに決められました。

 

 

 

 

 

 

 

キッチンハウスショールームは、リーズナブルなグラフテクトや

 

HMOが多いので、オートクチュ~ルの華やかさは、新鮮です。

 

キッチンをデザインする為に生まれてきた、寺田修デザイナーの

 

アイデアは、ユニークでいつ見ても、新しい発見があります。

 

 

 

 

リビエラ海岸の地名を取って名ずけられた’サンレミ’ 框シリーズ

 

根強いファンがいらして、このシリーズは他のショールームで

 

大人気!塗装なので、色々な色が可能ですが、やはり白が

 

良く出るようです~、ヨーロッパの住宅は、扉や枠が框仕上げが多いので

 

モダンな住宅にも框のキッチンは良く見かけます。

 

 

 

 

 

 

 

大きくテーパーを取ったステンレスの天板、

 

自宅もステンレスの天板ですが、パスタ鍋を茹で上がってから

 

置いても大丈夫だし、多少荒っぽく使っても傷がつきにくく

 

キッチンには最適な材料です。オートクチュ~ルのキッチンは

 

やはりキッチンハウスの底力を表しています。