BLOGブログ

2022.06.27 Monday

イタリアキッチンメーカー BOFFI

 

 

ミラノ ソリフェリーノ通りのBOFFIのショールーム

 

デザインウィークの初日の朝一番に行ったので、業者の時間帯に入れました

 

そうでもしない限り、来客者が多く、写真を撮影することが出来ません。

 

 

 

 

キッチンハウス筑波ショールームでも登場した円形のテーブル

 

キッチンハウスは量産用の機械を買って、来年にでも発売の予定です。

 

今年のミラノでは各社でこの円形、楕円形のテーブルをよく見かけました

 

キッチンハウスの円形テーブルに乞うご期待!

 

 

 

 

 

 

 

 

デ パドバの家具と一緒になって、ピエロリッソーニ氏の

 

アートディレクションで、キッチン、水回り、ダイニング、

 

リビングが全て統一して提案されています。

 

 

 

 

 

 

 

ニューヨークやロンドン、アングロサクソン系の都市に実績が

 

多いらしく、今やキッチンだけでの納品は希少な様です。

 

欧米では、スケルトンでマンション、アパートを購入するケースが多いので

 

キッチンから始まるすべてのインテリアを統一して納入する

 

企業が増えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

金属の扉をよく見かけますが、天井が高い欧米では、

 

金属や、ムクの木のキッチンも多様化されている様です。

 

ポリフォームはバレンナ社のキッチンを買収し収納と同じ、ポリフォームと呼び

 

モルテー二も、ダダのキッチンをベルギーのデザイナー、ビンセント

 

バン デューイセン氏にデザインさせてインテリアの統一を図っています。

 

 

B&Bを出たアントニオ チッテリオ氏は、今年からフレックスフォームに

 

肩入して、素晴らしいブランドに育て上げました。インテリアメーカーの

 

アートディレクターの存在は売上だけでなく、ブランディングにも

 

大きな力を発揮して居ます。。。。。