BLOGブログ

2012.12.01 Saturday

ブズネリファミリーがバイバックしたB&B


 
 
 
 
 
ブルガリグル-プから、創業ファミリーのブズネリ家に
 
 
バイバックされたB&B、デザイン監修は100%アントニオ チッテリオ氏
 
 
変貌ぶりを期待して早速ショールームに駆けつけます。
 
 
 
 
入り口からちょっと前とは違った雰囲気が!
 
 
 
クリスマスを向える事でちょっと華やかさが増しているだけなのか?
 
 
それともターゲットである顧客の変化なのか?
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
このソファセットにはゴールドのクッション
 
 
 
ある友人が最近の自動車のデザインを嘆いていましたが
 
全て中国人のお金持ちを意識しているので各社とも随分傾向が変わって来ている!
 
 
 
確かにここB&Bでもこの配色には中国人?を意識していると思わせます。
 
 
 
経済活動の動きに敏感なアントニオ チッテリオとしては当然の対応かも知れません。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
このブログで良く登場するクリストフ ラドル氏は若い頃一年くらい、
 
 
アントニオ チッテリオ氏と一緒にアパートをシェア―していた事がありますが
 
 
そのころ,チッテリオ氏は朝起きてクリストフに、‘ボン ジョルノ’ではなく
 
 
‘株価はいくら? USドルは?’ というのが朝の決まり文句だった様子です。
 
 
 
それ位経済観念が発達していて,クリエイターには珍しいタイプだと思いました。
 
 
 
勿論工業デザイナーであるチッテリオ氏が経済の動向に敏感なのは当然で
 
 
工業デザイナーはクライアントをいかにして儲けさせるか?之が勝負という
 
 
チッテリオ氏のポリシーには正確に対応している事になります。。。。。 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
照明が全体としてかなり明るい!
 
 
 
 
天井からの間接照明はあまり変わらないのですが、このフロアスタンドが
 
 
大変な照度で、之もブズネリーファミリーに経営権が移ってからの新しい変化です。
 
 
 
 
もしかしたらこの演出も中国、ロシアを意識しているかも知れません。。。。。。。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
それにしても3ヶ月に一度は完全に内装を変える,もしくは変化させたと
 
 
認識させる位の演出をする! 之は多大なエネルギーとお金が掛かる事です、
 
 
今回ゆっくりショールーム街を歩いてみて、ファッション通りの衰退ムードに
 
 
比べると、難しい筈のインテリア通りの方がいずれにしても活気がある気がしました。
 
 
 
 
 
 
之は飲食やファッションを取り扱っている友人達のセリフからもそう感じたのですが
 
 
ファッションの衰退はかなり加速して進んでいる様子です。
 
 
 
 
最も、スペインのザラや、価格の安いブランドは、高級ブティックの面積を
 
 
食いつぶしているような発展ぶり、ザラのインテリアショップに入りましたが
 
 
リネン(シーツやベットカバー等々)+ テーブルクロス、ナプキン類が
 
 
他社と一桁違うような安価で売られていて、消耗品のリネン類はデザインが良く
 
 
取り替えが効いた方が快適なので之は売れる!と思いました、実際クリスマスもあり
 
 
沢山のミラネーゼが会計の所に商品を持って並んでいます。
 
 
 
 
ミラノでも高級ブランドから買い易いブランドへの移動が急速に進んでいるかの
 
 
様子です。。。。。。。