BLOGブログ

2013.04.17 Wednesday

ブランディングの巧さが冴えた’MOOOI'


 
 
 
 
 
2013年のミラノサローネが昨日で終了しました、毎日ほぼ倒れそうになりながら
 
 
歩き回って,一番印象に残った展示からご紹介します。
 
 
 
オランダのデザイナー、マルセル ワンダー氏の率いる’MOOOI'
 
 
20年位前から其の独特の世界観で、インテリア業界に話題を投げかけて来ていて
 
 
いまではファッションのように、大都市のデパートの家具売り場には必ず登場する
 
 
メジャー家具のブランドにまで成長しています。
 
 
 
 

 
 
 
 
今回は元工場地帯だったトルトーナ地区が大変お洒落なエリアに変身していて
 
 
 
その元工場でのかなり大きな展示です。
 
 
 
 
入り口にも大きなSCREENで、マルセルワンダーが美しいと思う写真を映写していて
 
 
中に入るとコーナーごとに家具の5倍くらいはある人物写真で,一種独特な
 
 
雰囲気を醸し出し、家具一つずつを吟味するというより、マルセルワンダーの世界を買う!
 
 
 
 
こんな仕掛けがありとあらゆる所に忍ばせてあり、辿り着いたお客様はまるで
 
 
狐に摘まれたような、麻薬にでも冒されているような不思議な気分になり、
 
 
いつかはこの家具達に包まれて暮らしたい!という気になります。
 
 
 
 

 
 
 
 
之だけ世界中に家具の製造メーカーがあり、デザイナー達が沢山いて必死に戦っているので
 
 
品質に関しては一応どのメーカーもクリアーしている筈で、デザインも洗練の域を
 
 
超えている訳ですが、、、、、、良く売れる家具会社があり、そうでもないメーカーが有る
 
 
ちょっと今回はこのテーマで色々な展示会を巡ってみました。
 
 
 
その尺度で言うとマルセルワンダーの’MOOOI' がダントツでした。
 
 
 

 
 
 
 
一朝一夕には決して構築出来る物では有りませんが,一旦其のブランドが世界に出れば
 
 
皆さんがご存知のファッションブランドや時計のように黙っていても売れているのですね
 
 
ファッションとインテリア業界の距離は年々縮まっていて、昨今は、ファッションの流行の
 
 
色がそのままインテリアに反映されているのが現状の様子です。
 
 
 
サローネで、アントニオチッテリオがデザイン監修するフレックスフォームでも、
 
 
今年の春夏ファッションのテーマカラー=パステルカラー,特に淡いピンクと
 
 
バイオレットを巧くアレンジしたインテリアの設えでした。。。。。。
 
 
 
 

 
 
 
 
'MOOOI'はオランダ語で、素晴らしい,美しいの’モーイ’から来ていますが、
 
 
0をダブらせる事に寄ってもっとかっこ良い!という工夫が凝らされています。
 
 
 
 
明日からはもう少し本流のサローネの報告を致します。。。。。