BLOGブログ

2015.01.26 Monday

メゾンドオブジェ開催


 
 
 
 
 
 
 
インテリア小物や家庭用品の展示では誰もが世界一!と賞するメゾンドオブジェ
 
 
 
ミラノサローネに追いつけ追い越せとスローガンを挙げてから素早い変化です、
 
 
 
パリの市内また空港からは快適な無料なバスが走り、チケット購入等とてもスムーズです。
 
メゾンドオブジェの成功劇を買われて、ミラノサローネの事務局長にスカウトされたとか、、
 
展示会が街に及ぼす経済効果は計り知れない物がある様子です。。。。テロ事件で
 
今年の参加者が減少するかと思いきや、、、、、全く例年と変わらない盛況さです。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
新しい物を発見しようと歩いていると、いつも話題をさらうベルギーのセンプレ
 
 
オランダと同じフラミッシュ語を話すベルギーのアントワープに本社を置く会社
 
 
東京でも展示があり、キッチンハウスの各ショールームの花器を購入、
 
 
特殊な花瓶で、一本一本を硝子の試験管のような所に生けるので、花が一輪ずつ
 
 
とても新鮮に感じます。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
インスタレーションがとても上手で、照度を極限に押さえて
 
 
床には木の香りがするチップを敷き詰め、天井を高く設営して
 
 
ジャングルのような湿度まで感じさせる演出です。
 
 
 
ヨーロッパでも流行の鉄錆とちょっとシャビーな感じの椅子達、
 
若い世代にも魅力を放っています!
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
メゾンでの展示がとても素晴らしいので、ベルギーの会社に伺えばまた違った雰囲気?
 
 
と思って、近くに行った際に連絡してみたら、彼らは企画会社で、全て自社でデザインして
 
 
アジアやいろいろな国で製造してアントワープに集めて、パリのメゾン等、展示会で
 
 
販売し後は、代理店任せ。特に大きなショールームを持つ訳でもなく、見に行っても
 
 
何も見られないとの事。 インターネットの普及でここでも新しい商売の形が生まれている
 
 
事を感じました。。。。。。。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
うっとりと会場を歩いていたら、何かそわそわしたざわめきが!
 
 
フランス語に続いてドイツ語、そして英語で ’テロが侵入している可能性があるので
 
 
直ちに近くの扉から外に出てください!’ みんな慌てて扉を探します、、、、、
 
 
迷い子に成りそうな大きな会場でやっと扉を開けて外に! 零下の表では、
 
 
入り口でコートを預けた人たちが寒さに震えています。。。。。
 
 
 
 
10分くらいして、何も無かったとのアナウンスで皆仕事に戻りました。
 
 
 
人が多く集まる場所ではフランス軍の軍人らしい人たちがガンを持って警戒しています。
 
 
めげず明日も朝から来てみる事に致します!