BLOGブログ

2015.04.18 Saturday

キッチンハウスミラノサローネオープニング


 
 
 
 
 
4月13日、14日両日、ミラノサローネの開幕と同時にミラノ大学のイベントのオープン
 
 
 
 
キッチンハウスの’IRORI' にも照明が灯りまた違った雰囲気を醸し出しています。
 
 
 
 
 
 
 
ミラノ万博のテーマが文化と食なので、今年はミラノ大学のイベントにもいろいろな場所で
 
 
カクテルが提供されています。隈研吾氏が設計依頼を受けておられる山口県の獺祭も
 
 
協力頂いたので、kichenhouse と小さくロゴ入り枡と'IRORI’のコンセプトを入れた物を
 
 
いらした方々に配りました。‘IRORI'のデザインんとマッチしてとても好評でした。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
ミラノサローネ、フォーリサローネの立役者のインテルニ編集長のジルダ ボヤルディー女史
 
 
 
隈研吾氏作品を大変気に入っておられるのでこれで確か3階目の出展です。
 
 
 
昨年は日本側は大手ジェネコンのスポンサーを取付けて、イタリアの再生大理石での
 
 
展示でした。2回共中庭を使ったインスタレーションでしたが、今年は隈研吾氏の選択で
 
 
この大学での唯一の場所ー室内にはここしか展示スペースがないので、その唯一を押さえられて
 
 
とてもラッキーでした! 前回ご紹介した国際記者会見もこのスペースの前で行われ
 
 
終了後全てのジャーナリスト達がこの'IRORI'を自動的に見学する事に成ります。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
上記はキッチンハウス福岡店で採用され、キッチンハウスで販売を今年の春から始める
 
 
イタリアーMDF社の家具ですが、丁度ジルダ編集長と一緒にやって来たのが、この椅子の
 
 
デザイナー フランス人のマルセルマルソー氏です。弊社の寺田GDが素早く見つけて
 
 
声をかけ、キッチンハウスで’あなたの椅子を取り扱っているよ!’と話したら大変喜んで
 
 
いました。。。。。。。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
色々イタリアの友人達も駆けつけて、ミラノグランドホテルのオーナー ダニエラ
 
 
ベルタチオー二さんは隈研吾氏の大ファン! 来日した時も、特に隈研吾氏の作品を
 
 
見て回りました。。。。。ジャンルを問わないお客様がどんどんやってきて、
 
 
 
いつのまにか'IRORI'も人だかり、、、、、、
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
先ほどご紹介したマルセル マルソー氏の椅子ーキッチンハウスの福岡店の展示です。
 
 
 
いろいろなバリエーションがあって、脚も木製、金属、回転可能なものもあり、
 
 
ダイニング用の高さ、スツールの高さの物もあります。キッチンハウスのデザインと
 
 
大変マッチしていることから、キッチンハウスのグランドデザイナー寺田修が特に
 
 
選んで採用しました。日本でもキッチンハウスのみの販売と成っています。
 
 
 
 
またこの隈研吾氏の’IRORI'はキッチンハウス福岡店に移動される予定ですので
 
 
ミラノで見落とされた方は是非キッチンハウス福岡店にお立ち寄り下さいませ!!!