BLOGブログ

2017.06.07 Wednesday

ミラノ最大規模のキッチンーBoffi


 
 
 
ミラノ、ファッション通りーモンテナポリオーネが銀座とすると、
 
 
ソルフェリーノ通りは、東京でいうと青山のイメージでしょうか、
 
 
モンテナポリオーネ通りはブランド街で、ソルフェリーノソルフェリーノ通りは
 
 
どちらかというとカジュアルな、高級住宅街の中にあるおしゃれな通りです。
 
 
ミラノ最大規模のキチンメーカー:ボッフィーのショールームがあります。
 
 
 
 

 
 
 
建築家ピエロ リッソーニ氏がアートディレクターに就任して10数年でしょうか、
 
 
主に、ロンドン、ニューヨークを舞台に、キッチンから始まるダイニング、リビングルーム全てを
 
 
提案している様子です、前回でお話しした’デ パドバ’社の買収で、テーブル、椅子、ソファの
 
 
種類が俄然豊富になりました、上の写真も、建築家 マジェストレッティー氏が1987年にデザインした
 
 
Vidun テーブルと、Marocca 椅子とが、Boffiのキッチンにしっくり収まっています。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
この5、6年キッチン小物の展示が減りましたが、以前はこのショールームで
 
 
見たこともない素敵なオブジェや、モロッコ製の籐のザルや籠たちを探しに来たものです。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
水回りの洗面、浴槽、シャワーブースも、大変お洒落で、水道の蛇口や、金物もBoffi
 
 
オリジナルなのに、びっくりします。。。。。。同じデザインで、ステンレスの磨きと
 
 
ヘアライン仕上げがあり、最近は金やコッパーの色合いも登場しています。
 
 
 
今年はインテリアにパステルカラーを取り入れるのをよく見かけますが、洗面の大理石にも
 
 
ピンクの石が採用されていてびっくりです。
 
 
 
 

 
 
 
異素材の組み合わせの上手さに驚かされます、ビンテージの突き板に
 
 
洗面台、収納の中には、選び抜かれたアンティックの小物が配されています。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
キッチンから始まるインテリア提案が定着した今、B&Bイタリアでも
 
 
アントニオ チッテリオ氏の裁量でしょうが、キッチンメーカー=アークリネア社が
 
 
 B&Bの仲間入りをして、ショールームの中央に展示されていました。
 
 
 
深澤直人氏のミラノでの登竜門にもなった、Boffiの浴槽、インテリアへの追求は止むことがありません。。。。。