BLOGブログ

2018.06.27 Wednesday

ミュンヘン郊外=バイヤンの魅力

 

 

 

 

 

 

 

 

ミュンヘン郊外のバイエルン地方に友達が出来、ドイツの魅力を

 

堪能する旅になりました、この静かな南アルプスの麓の小さな村の

 

’マルク フランツ美術館’を訪問しました。彼自身の絵画は少なく、

 

ワシリー カンデンスキー、オーガスト マックの作品が多く展示されています。

 

その訳は、ミュンヘンに行き分かりました。。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミュンヘン中心部にある’レンバッハハウス’は、ドイツの銀行が

 

マルク フランツの作品を買い込んで沢山見ることが出来ます。

 

 

1883年生まれのマルク フランツは、表現主義を唱えて、

 

’青騎士’の雑誌を創刊、ミュンヘン郊外の小さな村で、芸術家達と

 

生活を共にして、’青騎士’の意図、目的、表現方法等々、、、、、

 

熱く語り合ったのだそうです。。。。。若くして訪れたワシリー

 

カンデンスキーはその後大きく作風が変わったようです。

 

ミュンヘン育ちのクリストフさんは、自慢気に話してくれました。

 

空気が澄みわたり、乾燥しているせいか?とても新鮮に感じます。