BLOGブログ

2020.08.16 Sunday

モーリスベジャールバレエ団

 

コロナ自粛から、ユーチューブを見るのが楽しみになり、

 

お盆のお休みも、あまりの暑さから、外に出られず、バレエ

 

を見ながら、昔の思い出に慕っていました~

 

 

 

 

 

 

 

 

モーリスベジャール、初めて’ジョルル ドン’のボレロを見て

 

感激して、私のバレエの考え方が変わりました~

 

彼は、自分の作品を’前衛’と呼ぶことを嫌い、人間の肉体の美しさを

 

真剣に表現した振付師だと思います。

 

 

そのベジャールが亡くなって~バレエ団も勢いを無くすかと?

 

不安でしたが、後任についた’ジルロマン’は見事に心配を退けました~

 

彼の新たな振り付けによる’ベートーベン’は、東京シティーバレエ団と

 

の共演で見事に花が咲きました!

 

 

 

 

三島由紀夫を題材に、ベジャールが挑んだ’M'

 

音楽は黛敏郎氏、ベジャールの日本の美意識を感じさせてくれて

 

画面に釘ずけになりました~

 

 

 

 

 

小さい時から憧れたバレエの世界、英語学習と母を納得させて

 

勉強に行ったロンドンのロイヤルバレエでの思い出!

 

大学を卒業する頃には、腰の問題で諦めましたが、本当に

 

必死になっていた昔~、気恥ずかしくも懐かしい思い出です。。。。