BLOGブログ

2023.01.15 Sunday

ミラノで隈研吾氏アテンド

 

 

インテル二誌ージルダ編集長が、隈研吾氏にお願い事があるので、

 

アレンジして欲しいとの事で、1月12日ミラノの大きなプロジェクトに

 

出張中の隈研吾氏に朝一時間お時間を頂きました。

 

 

 

 

 

 

サローネ時に設計をお願いしたいと言うのが、来年の話として

 

聞いていた全員に、ジルダ女史は、すんなりと今年の4月の

 

プロジェクトと言って退けました、隈研吾氏もちょっと驚いた

 

様子でしたが、快諾されました。

 

 

 

 

5年前にトリエンナーレ美術館でのエットレ ソットサス展に

 

ご案内して、かなり興味を示されていたので、70年代に、エットレが

 

設計したエレナ邸にご案内しました。スイスのUBS銀行の本社の

 

打ち合わせ後、ミラノに戻ってこられて実現しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、ソットサス事務所に働いておられたアーティストの立石

 

タイガー氏が直接ハンドペイントとされたベッド。

 

筆捌きに隈研吾氏も興味深くご覧になっています。

 

 

 

 

 

有に40年は経とうとするキッチンですが、とても新しいです。

 

エットレの照明にも隈研吾氏は目を離しません。

 

 

 

 

 

現在設計中の大きな事務所棟プロジェクトの近くに、エレナさんの

 

お父様の印刷所を改造した現代アートギャラリー’ASAAB ONE'があり、

 

サローネ時に訪問する約束をされています。

 

 

 

’ASAAB ONE’には、脚光をあびるフォルマ ファンタズマのデザイン事務所と

 

インドのスタジオムンバイのヨーロッパ事務所が入っています。

 

将来、隈研吾氏の展示をしたいと夢が膨らみます。。。。。