BLOGブログ

2012.12.27 Thursday

クリスマス


 
 
 
 
 
 
クリスマスに何も予定が無かったのですが、服部久美子さんがお宅での食事会を
 
 
企画してくれました!
 
 
 
 
マレーシア時代には大使代理だったチリのトレス氏は日本の大使になって
 
 
去年こられました、丁度トレス大使も別段予定されていなかったので
 
 
皆突然のディナーパーティに御機嫌です。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
アペタイザーはサンダニエルのプロシュートと果物のサラダ
 
 
 
 
最近,私もツブ貝や白身の魚とマンゴを合わせたり、果物とお魚のマリネに挑戦、
 
 
スパークリングワインや白ワインとの相性も良く、とても爽やかなスタートが切れます。
 
 
 
 
 
パスタはサルデニア産の唐墨!
 
 
粉にした唐墨に薄切りの唐墨をプラスしてとても贅沢なパスタ
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
服部久美子さんはお父様がマレーシア大使だったので青春時代をクアラルンプールで
 
 
過ごされた縁で親しくさせて頂いています、今年は其の久美子さんと親友の
 
 
洋子さんと一緒に旧友を訪ねてクアラルンプールを訪問、とても楽しい時を
 
 
過ごしました! ご主人のやっちゃんはオペラを習っておられて時々コンサート
 
 
ホテルの宴会場を借り切ってのディナーコンサートはとても体に良さそうです。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
パスタの次は大きな鯛の塩焼きですが、固まった塩を特別のハンマーで割る役目は
 
 
ご主人のやっちゃんです。いつもは禁酒されていますが今日は特別でしょう、
 
 
少しチリのトレス大使が御持ちになったチリワインを嗜んでおられます。
 
 
 
 
 
お魚でフィニッシュだと思ったら、次には薄切り牛肉の間にひき肉を詰めた
 
 
 
ハンガリー料理です。サラダはほうれん草とマッシュルームのサラダ
 
 
 
大きな器に盛られたマッシュポテトがとても美味しいです。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
親友の洋子さんのご主人ージュリオ ミレリ氏はイタリアコモ湖の出身の
 
 
シルクの製造をされていて最近中国で一番大きなシルク製造工場を建てられています。
 
 
何より仕事が一番大好きなミレリ氏、偶然東京の家の設計をしてくれた
 
 
エットレ ソットサスの奥様のバルバラ ラディーチェと青春時代からの友人という
 
 
偶然も手伝ってミラノや東京で良くお目に掛かる事になりました。
 
 
 
 
デザートもフランボワーズのタルトー久美子さんの手作りです。
 
 
 
 
麻布のマンションのペントハウスの窓から綺麗にライトアップされた東京タワーが
 
 
クリスマスを演出してくれています。。。。。。。