BLOGブログ

2015.07.20 Monday

上海の近況


 
 
 
変貌する上海ー15年位前に上海の空港から街の中心に移動しても今のような高層ビルは
 
 
無く、古い(それなりに美しい)中国のレンガ作りの家々が並んでいました。
 
 
今の新空港の或るープードンエリアは全くの空き地だったのを記憶しています。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
数年前、ミラノの親友ーダニエラ ベルタチオー二女史が夏休みに日本に来て
 
 
直島だけを見て、開催中の上海万博へ向かったのを覚えています、
 
ダニエラさんは建築家隈 研吾氏が大好きなので、もしかして同時期、上海に?
 
と思って携帯にお電話をしたら、丁度いらしていて2度程食事が出来ました。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
この写真はTAJIMA キッチンハウスの上海ショールームが隈研吾氏の
 
 
設計で完成してイタリアのインテル二誌に掲載された写真です!
 
 
 
先ほどのダニエラさんの上海旅行中に、TAJIMA キッチンハウスのショールームを
 
 
上海に出店する予定があり、場所が決まっていました、田島庸助社長に’今上海で、
 
 
隈研吾さんと一緒ですが、ショールームの候補地を御見せしますか?’と伺ったら
 
 
’是非!’との即答で会食の翌日候補地を御見せしたら、良い場所で、’僕がインテリアを
 
 
デザインしようか?’ その候補地で、隈研吾氏と田島庸助社長の電話のやり取りで決定!
 
 
 
 

 
 
 
 
 
隈研吾氏は田島庸助社長と大学の後輩の関係もあり、キッチンハウスのデザインには多大な貢献
 
 
をして頂いています、前回ご紹介した‘IRORI'キッチンーミラノサローネ初出展も隈研吾のデザイン
 
 
2015年のインテルニ誌のキッチン特注の表紙を飾ったのは未だ新しいニュースです。
 
 
キッチンハウス藤岡工場の改造も少しずつ進んでいる状況です。
 
 
 

 
 
 
 
上海ショールームのオープン以来、時々スタイリングに御伺いしますが、
 
 
訪問する度に驚きの連続! 新聞紙上では中国経済の不安が書き立てられていますが
 
 
現実はそうなんでしょうが?全くのツーリストが街を歩いている分には十分バブル
 
 
世界中探してもこんなに大きなエルメスのブティックはないし、ヨーロッパのほとんどの
 
 
ファッションブランドは目向き通りのビルに全て入っていて、、、、、若い方々が購入
 
 
している姿を見て、圧倒されるのは私だけではないかも知れません。
 
 
 
 

 
 
 
 
水墨画のような風景は、PUII ホテルのバーからの眺めです。。。。。。
 
 
 
購買力が凄いのみならずデザイン的にもアジアンテイストの美しいレストランや
 
ホテルが増えています、梅雨の時期で外は雨が降りしきっていますが
 
簾越しの風景は、静かで不思議な美しさです。
 
 
上海にお出かけの折には是非TAJIMA キッチンハウスのショールームへも
 
 
御立ち寄り下さいませ!