BLOGブログ

2019.01.27 Sunday

日本人デザイナー、ミラノで大活躍!

 

 

 

 

 

 

ミラノで活躍する’大城健作’さんを訪問したら、近くにある’二ルフィー’

 

ビンテージ家具を販売している大きなショールームを訪問、

 

今回は、ブラジルのビンテージ家具展でしたが、そこで

 

椅子のコレクター永井敬二さんは、一つの椅子に釘つけになっています。

 

(あとでその訳をお話しします)

 

 

 

イゾーラと言う、ミラノでは陸の孤島と言われたエリアに

 

スタジオがあり、20年近くミラノを中心にデザイナーとして

 

最初は、ピエロ リッソーニ氏の事務所を経て、今は独立して

 

スーパーレジエラーの産地で、新しい椅子を誕生させて頑張っています。

 

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000162.000009231.html

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一人、Omi Taharaさん、去年、Boffiから新しいソファーが

 

出て今年もそのシリーズが続々誕生するそうです、頑張った

 

甲斐があって’やっと成り立ってきた、、、、’そうです。

 

http://www.omitahara.com

 

 

 

 

 

 

4月には東京、無印で、永井敬二さんの’エンゾー マリ展が

 

開催されるそうです、今回永井さんは、エンゾーマリ氏の小物が

 

少し破損していたりしたので、買いにこられたそうです、素晴らしい展覧会を

 

是非みにいらして下さいませ!

 

(先程の永井さんが釘付けになっていた椅子は、長年永井さんが何処のものか?

 

探していた丹下健三氏の自邸にあった、畳の上における椅子だったそうです、

 

次の日に、その本の一ページを見せて下さいました、、、、この執念は凄いです!)