BLOGブログ

2022.03.14 Monday

ミラノ、トリエンナーレでのエットレ ソットサス展

 

ミラノ、トリエンナーレで、エットレ ソットサス展が始まりました。

 

会場構成は、大親友、クリストフ ラドル、今は正式な奥さんの

 

バルバラ ラディーチェ曰く、この赤がソットサスの教え子

 

一番のクリストフらしい選び方!

 

 

 

 

 

 

’Casa Lana' はこれからパーマネントコレクションとして

 

トリエンナーレに永久保存されるそうです。これも、バルバラの

 

手柄らしいです〜兎に角素晴らしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同時期に展覧会をしていた、’Giovanni Gastel’

 

彼の好きなポートレイト100に、エットレがいました。

 

 

 

 

トリエンナーレのデザインの歴史コーナーー80年代のメンフィス

 

その当時のマルコ ザニー二、アルド チビッチ、西武百貨店の

 

ポスターです。今回のトリエンナーレも大勢の人が列を成して

 

入場しましたが、80年代のメンフィスのオープニングを

 

彷彿させる思いです。

 

 

 

 

我が家を篠山紀信氏が、ブルータスの’人間関係’

 

の記事の為に、撮影した写真です。

 

左の女性は、その頃の恋人で、ジョアンナ グラウンダー

 

エットレのパートナーとして、設計の手伝いをしてくれました