BLOGブログ

2023.01.05 Thursday

明けましておめでとうございますパートIII

 

明けましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお願いします。

 

キッチンハウスの各店に飾られているお正月のオーナメントです。

 

パートIIIでは、名古屋店、大阪店、神戸店をご案内します。

 

 

 

 

名古屋千種区の高級住宅街にある名古屋ショールーム、

 

大人気のトリフ突板のキッチンですが、エレベーターを降りたら

 

すぐ、目に飛び込むので、とても印象的です。2階にオートクチュール

 

1階には、リーズナブルなグラフテクトがあり、3階、4階には

 

ハウスメーカーオリジナルのキッチンが並んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

地下鉄’星ヶ丘’からも5分くらいで到着、一棟ビルのショールーム。

 

やはり、休日の来客が多く、週末には、打ち合わせコーナーが

 

予約で満杯になる事も ! 季節ごとの飾り付けに伺うにも、平日の

 

午前中が必須になります。忙しい〜と、うれしい悲鳴です。

 

 

 

 

こちらは大阪店です、心斎橋から少し入った静かな通り。

 

御堂筋はヨーロッパのアパレルブランドがゴージャスなファサード

 

イタリアのモダン家具、照明のショールームが立ち並び、

 

とてもお洒落な街になっています。

 

 

 

 

 

 

4階には、大人気のグラフテクトが!

 

ハウスメーカーに多いフローリングが敷き込められています。

 

左の人工植栽第一号で、遠くから見ると全く分かりません。

 

オランダのメーカーが中国で製造しているものを直輸入しています。

 

日本には、造花は沢山あるのですが、大きな樹木は殆ど

 

取り扱いがなく、パリMaisonでの買い付けになります。

 

最近、インテリアコーディネーターからの問い合わせが多い様です。

 

 

 

神戸港からもすぐで、欧米のブランドショップが立ち並ぶ

 

居留地に神戸店はあり、街行く人々も颯爽とお洒落を楽しむ通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンも選び抜いて展示されているので、見学するのも時間が

 

短縮されて、選びやすいです。天井は、岡山ショールーム以来、

 

隈研吾氏のデザインですが、特定の職人さんが施工する事で、

 

各店共通に使用することを認めて頂いています。

 

 

 

 

 

 

ガラス間仕切りで、囲われたオートクチュールブース。

 

関西では、京都で勉強、大阪で仕事して、神戸に住む!

 

という理想があるそうです。神戸は山あり、海ありで、確かに

 

住むには最適な場所かも知れません。

 

 

 

 

窓が大きくて外光が沢山入るので、明るくて爽やかなショールーム。

 

神戸も他店と同じで、週末には予約でいっぱいになる様です。

 

嬉しい、悲鳴を聞いています。