BLOGブログ

2018.07.25 Wednesday

建築の日本展ー森アートミュージアム

 

 

 

 

 

 

ドイツの友人からメールが来て、もうこの展覧会見た?との事で

 

慌てて伺いました、古代から現代までという壮大なテーマだったので

 

少し的の絞りかたが緩慢に感じましたが、丹下健三、谷口吉生、

 

安藤忠雄、隈研吾、妹島和世、坂茂、という国際的に高い評価を得ている

 

建築家達の図面や、模型がたくさん集められていて見応えのある展覧会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桂離宮を世界に広めた、ドイツの建築家ーブルーノ タウト氏の

 

本、コルビジェの片腕だったシャーロット ペリアン女史の

 

戦中、戦後を通しての日本の伝統工芸との出会い等々、、、、、、

 

時間がいくらあっても足りない展覧会です。