BLOGブログ

2017.06.19 Monday

リチャード セラーの作品があるオランダーワセナ私立美術館


 
 
今年は4月のサローネ視察のあとの、オランダと、6月のビルバオ
 
 
グッゲンハイム美術館での ’リチャード サラ’、二度 サラの大きな作品に出会った。
 
 
コンセプチャル アート、ピカソを超えるアーティストになることが、セラの
 
 
目標だったと、、、、、、、
 
 
 

 
 
 
 
オランダ・ワセナ最高級住宅街にある、個人所有の美術館。
 
 
 
水面下に三分の一、沈んでいるオランダは東インド会社を通して
 
 
多額の富を築いたと聞いています、このワセナは、オランダの中でも
 
 
富裕層の住宅街があるようです、広大な敷地にあるお屋敷のオーナーの
 
 
仕事をお聞きしたら、’イギリスなどの保険会社に地震保険等のスポンサーをしているとか?’
 
 
スケールの違う、お金持ちが多いヨーロッパです。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
広大な敷地に、現代美術館を建てる、アムステルダムの国立美術館
 
 
RIJKS 美術館の館長を、キュリエイターに招聘してのコレクションの数々。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
美術館巡りが一番の楽しみです!