BLOGブログ

2010.04.22 Thursday

ミラノの取って置きの場所


 
 
 
ミラノにいらしたら、是非訪ねて欲しいところがあります。
 
 
それはブレラ美術館の1階にある国立美術館の中の中庭です。
月曜日から金曜日の朝9:00から夕方5時まで一般の入場が可能です。
 
とても広い庭で、入念に手入れされていてとても美しいです。
美術学校の生徒がスケッチしていたり、学生がお昼をしていたり、
とてものんびりしていて、ミラノの喧噪を忘れてホットします。
 
草花が多くて、名前も知らないお花ですが、一つ一つに名前が書いてあります。
四季全てに美しく、学生が多いので、ちょっと若返った錯覚を覚えます。
(そんな錯覚は私だけしょうが、、、、笑)
 
 

 
 
 
友人のお宅で食事を終えた後、ブレラ美術館の前をさしかかったら、
夜なのに人の気配がして覗き込んでみたら、家具の展示会のオープニングをしていました。
 
 

 
 
素晴らしい建物なので、いろんな用途に使えて羨ましい限りです。
 
 
サローネのイベントは、ミラノ市庁舎の考え方を大きく変えている様子です。
 
やはり之だけ世界一のイベントに育って、多くの人たちがホテルも取れないくらい
集まるので経済効果は計り知れません。デザインの果たす役割は大変なものです。
 
ブレラにいらして宗教画に疲れたら、是非1階の中庭を覗いてみて下さいませ。