BLOGブログ

2017.06.23 Friday

ミラノの街角から


 
 
 
倉俣史郎さんの作品を彷彿させるアートワーク、
 
 
 
日本人シェフがスタートしたレストランーTOKUYOSHI
 
 
 
クリストフが最初連れて行ってくれて感動しました。
 
 
 
 

 
 
 
 
このイワシの料理の名前が、’魚拓’!
 
 
 
日本料理とイタリア料理の良いところをミックスして、特に、野菜をベースにした
 
 
スープが各お皿ごとに出てきて、胃にとても優しい心使いが嬉しいです。
 
 
 
クリストフは食べ始める前に、このアートワークを壊しても良い?と聞いてました。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
今夜は、インテル二のジルダ編集長と一緒です、インテル二のアートディレクターを
 
 
30年していて、去年辞めた時は、どうなるかと思いましたが、相変わらず
 
 
仲良くしています、よく一緒にジルダのシチリアの別荘に行くのですが、
 
 
今年暮れには、キューバに行く計画を話しています。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
ポルタ ジョエノバに一週間前にオープンした男性用ブティック
 
 
ブルックリン スタイル、ミラノでも流行っています。。。。。。