BLOGブログ

2011.10.15 Saturday

メゾン エルメス展示会


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今年の4月ミラノサローネで話題を攫っていた’エルメスの家具の展示会’
 
 
 
 
 
 
だいぶ小振りにした展示が東京ミッドタウンのアトリウムでありました。
 
(この展示は11月5日まで同じ場所で公開中です。)
 
 
 
 
 
 
メゾン―家の部分は建築 坂 茂サンが担当。
 
 
 
 
 
 
すっかり定着した紙管と和紙の組み合わせ,紙管の合わせ方は日本建築のようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
世界循環するので移動可能な事が条件、紙管の太さも3種類で、各々組み合わせて
 
 
運搬可能との事です。
 
 
 
 
 
 
 
坂 茂さんがこの紙管で建築を作りたい!ト言い始めたのがもう30年に成ると思います。
 
 
 
 
 
 
外国の友人が来て食事に誘うといつも直径30センチはある紙管を携えて現れていました。
 
 
 
 
 
 
阪神の大震災の時も、今回の東北の大震災にも大活躍!!
 
 
 
 
 
坂 茂サンの建築への強い強い想いがここまで成長させたのだと思います。
 
 
 
 
 
 
未だ坂 茂サンがアメリカのクーパーユニオンの大学に通っていた時、
 
六本木のアクシスのビルの地下で、母の金物の会社を手伝っている私に
 
アクシスビルでの展覧会の案内に募金集めに寄ってくれたのが初めての出会い!
 
 
 
 
私の小さなアパートで、クーパーユニオンの先生達とパーティをしたのを
 
 
今も鮮明に覚えています、、、、、、、、
 
 
一人の建築家―タッド ウィリアムスが、’学校で教えているのではなく,学生の新鮮な
 
 
アイデアと、ちょっとした実務の経験を交換しているのがクーパーユニオンなのです’
 
 
目をキラキラ輝かせて夢を語られていたのを昨日のように思い出します。。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルメスの今回の家具のデザインは建築家 アントニオ チッテリオ
 
 
エンゾー マリの両氏で、シンプルなさりげないデザインを伝統的なエルメスの
 
 
技術が素晴らしく支えています。
 
 
 
 
 
ファッション会社が沢山、家具を発表して、カーサ、、、、、、という名前で
 
 
出ていますが、やはりエルメスはその革のなめし方、縫製、どこをとってもダントツ!
 
 
 
 
 
 
ミラノでは,大変な人だかりで座る事が出来ませんでしたが,
 
 
今回はゆっくり座り心地を試させて頂きました。。。。。
 
 
 
 
 
 
小振りな二人掛のソファーは置く所がないのに欲しくなってしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ハンドバックですら手が出ないので,ミラノでは価格を聞けませんでしたが、
 
 
今回は勇気を奮って伺ってみると、上の革のソファで200万円くらいとのこと。
 
 
輸入のソファとしては飛び抜けた価格ではないのでちょっとびっくり。
 
 
 
 
 
 
 
布のソファもモールディングが違うのでしょう,柔らかすぎず固すぎず、
 
 
とてもゆったり座っていられます。。。。。。
 
 
 
 
 
最近,歳のせいでしょうか?あまり物質に執着がなくなったのですが、
 
 
このソファ~はちょっと欲しくなりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルメスの広報の方と、坂さんとの出会いがうちの自宅だったと、
 
そう,いつもパーティをしていた日々を思い出します、、、、、、
 
 
 
 

 
 
 
之からの活躍が楽しみな 坂 茂さん、体に気を付けて益々のご発展を!