BLOGブログ

2011.10.28 Friday

喜多俊之さんデザイン展


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東京新宿のオゾンで、喜多俊之さんのデザイン展がありました。
 
 
 
 
 
まずは、真正面のお嬢様、ともこちゃん、左側が京子奥様です。
 
 
 
 
 
世界的に重要なデザインナ―喜多俊之さんのもう一つの素晴らしい顔
 
 
 
 
 
それは美しく頼もしくいつも楽しいご家族です。
 
 
 
 
 
一番下のともこちゃんは喜多俊之ブランドの小物の販売を担当しています。
 
 
ロンドンで勉強されたこともあり,海外はともこちゃんが一手に仕切っています。
 
 
いつもパリのメゾンドオブジェに,喜多俊之サンの作品だけでなく、
 
 
日本の伝統工芸の各作者と一緒に日本の大切な伝統工芸の発展にも努力をされています。
 
 
いつもこの笑顔で世界中幸せを振りまいておいでです。。。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
会場にはデザイナー、作り手、ジャーナリストと大勢の人々が来られていました。
 
 
 
 
 
 
 
美術界でも重鎮の小池一子さんも登場
 
 
そう言えば、丹波篠山の’KITAS'のオープンにも東京から駆けつけておられました。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと写真がぶれていてすみません、之しか撮れなくて、、、、、
 
 
 
 
 
いつも笑顔の喜多俊之さん!
 
 
 
 
 
カレコレ30年前にイタリアの家具―ザノッタの販売会社を立ち上げたとき、
 
 
東京のマンションの一室で初めたその日に、‘カスティリオーニ’のポスターを持って
 
 
訪ねて下さいました。カスティリオーニはデザインの神様!
 
 
このポスター一つで大丈夫や!
 
 
今と全く変わらない笑顔で一言!一生忘れない言葉です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キッチンハウスセレクションでも取り扱っている食器です。
 
 
 
 
 
喜多敏之さんの工業デザインに対する真摯な姿勢は、最初の頃伺った、
 
 
‘売れなあかんねん! 売る事を目的にしなかったら工業デザインやないねん。’
 
 
とても印象的でした。自分のデザインだけに固守せず、依頼主のメーカーに利益を生む事が
 
 
工業デザイナーの使命!だと。。。。。。
 
 
 
 
 
 
 
その信念で世界中の大きなメーカーと取り組んでこられた喜多俊之さん!
 
 
 
 
 
 
 
シャープのテレビでは日本中を湧かせました。
 
 
 
 
 
イタリアで最も重要な家具会社’カッシーナ’の‘ウインクチェアー’はあまりにも有名
 
 
ニューヨークの近代美術館の永久保存作品に選ばれたのは今からどの位前でしょうか?
 
 
 
 
 
世界を駆け巡って活躍される喜多俊之さん。
 
 
 
 
でも日本の発展と住生活の改善、前進を誰よりも深く考えられている方ですから、
 
 
ずーっと以前から日本の都市の姿を写真に残してこられています。
 
 
日本の新聞でも取り上げられたのを思い出します。
 
 
 
 
 
 
お目にかかるとこちらまで元気になる喜多俊之さん!
 
 
 
 
 
之からも大活躍を期待しております。