BLOGブログ

2017.10.15 Sunday

ミラノキッチンショールーム

 

 

ボッフィーに新しいキッチンを発表して他界された ’ザハ ハディット’女史

 

流線型の特徴ある大理石の加工、長く続く天板、丸みを帯びたエッジ

 

今年のサローネでの新作は、今も大きな存在感を持ってショールームに展示されています。

 

 

 

 

 

いつも新しい素材の発見と、加工技術、アングロサクソン系の

 

ロンドン、ニューヨークで注目を浴びるボッフィーのインテリア戦略

 

 

スケルトンで発売される、欧米のアパートメント状況が、ボッフィーのような

 

キッチンから始まるダイニング、リビング統一を可能にしています。

 

 

 

 

 

 

デ パドバをM&Aしたボッフィー、マジストレッティのデザインを

 

ピエロリッソーニ氏にリデザインされた新しい表情のde Padova

 

すっかり、ボッフィーの空間に馴染んでいます。

 

 

 

 

 

どこで入手できるのか?アンティーク鍋達。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サローネの喧騒も嬉しい発見ですが、静かな日常に戻ったミラノショールーム、

 

相変わらず刺激的です!