BLOGブログ

2017.11.12 Sunday

ジョンポーソン、デザインのデザインミュージアムーロンドン

 

ジョンポーソン氏がインテリアデザインをした、ロンドンのデザインミュージアム

 

ホーランドパークを歩いて、たどり着きました、テレンスコンラン卿が私財を投じて

 

建立した美術館、ゆったりした空間に驚きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論、世界のオリベッティーのコーナーには、エットレ ソットサスの

 

バレンタインが、色々な色で展示されていました、70年代、真っ赤な

 

リップスティックのようなタイプライターは、働く女性に、タイプライターの

 

イメージを変え、大ヒットした記事が掲載されていました。

 

 

 

 

 

 

 

数年前にミラノサローネのインテル二のイベントに参加した

 

ジョンポーソン氏のインスタレーション、やはり倉俣 史郎氏に師事した

 

影響を感じました、ミニマリスティックの代名詞のような

 

ジョンポーソン氏を、今回の美術館のデザイナーに選んだ、コンラン卿、

 

ロンドンにも、和の影響を感じる瞬間です。18歳の時に、バレエリーナーを目指して

 

ホーランドのドミトリーから、コベントガーデンの稽古場に通っていた頃と

 

全く様子が変わらない、ケンジントンエリアに、新しいデザインの殿堂ができました。

 

時間を忘れて、佇んでいました。