BLOGブログ

2017.11.15 Wednesday

車の工場での納品

 

 

電光掲示板に見入る人達の顔が、自分の名前を見つけた時の嬉しそうな顔

 

老若男女を問わず、みんな5歳の子供が玩具を買って貰った時のような表情です、

 

自分のナンバープレートを持参した人もいるし、家族全員で購入した車を取りに来る家族

 

運転しても大丈夫かな?と思われる年齢の男性が友達を連れてきて本当に嬉しそうです、

 

ヨーロッパ圏とアメリカに住まいのある人達に許された特権、納車を工場で!

 

 

 

どこのディーラーに行っても同じ家具が、ブランディングの力を感じさせます。

 

工場見学に来ましたが、工場の写真は撮れないので、ショールームだけです。

 

工場では、組み立ての部分しか見られませんでしたが、工場内の柱、床、壁、天井

 

全てが、グレートと白で統一されていて、CIの徹底度を、部品の箱、パーツにも感じます。

 

ロボットがバレエを踊っているように組み上がっていく様子は、ミュージカルのようです。

 

最近中国に買収されたドイツのロボットメーカーは、全員オレンジ色でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりに嬉しそうな人たちの顔に驚いていたら、インドでは牛が

 

神様だが、ドイツでは車が、そうなんじゃないですか?と言われて、

 

改めて、車社会の素顔を見た気がしました。こちらも一緒に幸せになります!