BLOGブログ

2017.10.07 Saturday

取って置きの宿ービリガンティーノーマッセリア

 

 

マッセリア(プーリア地方の民宿の意味)ブリガンティーノ

 

以前二度ほど伺っていつも感激する、’さりげなさ’

 

15世紀の建物をなるべく何もせずに改修していて、

 

それが一層この地方の自然の美しさを引き立たせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

一番の魅力は、オーナーのお嬢様ーサンアンジェラさん

 

不安や心配は、彼女の辞書にはないのではないでしょうか?

 

朝早くから、夜みんなが食事に出るまで、いつもこの笑顔です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹齢ー2、000年のオリーブの木々

 

じーっとこの大地で、人々の営みを見つめてきたのでしょう、、、、、

 

まるで、話しかけてくれるようです。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

以前なかったプールができていました、このシャワーはお父さんが作ったもの、

 

古いバケツから水が!  クスッと笑顔になるしかけがいたるところに。

 

全部で10室もないマッセリアーブリガンティーノ、集まったスイスからや

 

ドイツからのご夫妻は、もう何年も通っておられる様子です。。。。。。