BLOGブログ

2017.10.09 Monday

カステル デル モンテ(モンテ城)

 

 

ドイツ、皇帝フリードリッヒ 二世の造詣を表す、黄金比を用いた八角形

 

八角形の中庭に八角形の塔を、八塔配したーカステル デル モンテ

 

前回行けずに、ぜひ行ってみたいと思っていました、やはりその構想の素晴らしさと

 

何故、八角形なのか?という、解けない疑問に戸惑いました。

 

 

 

 

 

フリードリッヒ 二世は、イスラム教にも造詣が深く、この地が、

 

キリスト教のシャルトルと、イスラム教のメッカを結ぶ、直線上に

 

立ってるそうです。それにしても、国立公園の中に、周りは何もなく

 

ポツンと建っている、カステル城

 

 

 

 

 

住居でもなく、防衛のためでもなく、主に狩猟の時に立ち寄るための

 

城に、数学を極めた、フリードリッヒ二世の黄金律に基づいた造形は

 

何世紀も経ても、世界中からの来客者を驚かせています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何世紀も経ても、世界中からの来客者を驚かせています。

 

見つめています。。。。。。。。