BLOGブログ

2017.11.13 Monday

南オランダの田舎町

 

 

 

 

 

 

友人の現代音楽のコンサートが、南オランダのデン ボシュであったので

 

近くの650年前に建立されたお城のある小さな村に泊まりました。

 

次の日には、このお城を小さな鍵を持って見学できます。至る所に説明があり、

 

その鍵を差し込むと、自動的に各部屋の使われ方が説明されるようにできています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

650年の中には、お城が、反逆者や、宗教の違う人たちを軟禁する

 

目的に使われたり、スペインに支配される時には、司令塔になったり、

 

第一次、第二次世界大戦では、兵舎に変化してします、その歴史を見てきた屋根は

 

木製で出来ていて、修復されるたびに、このような構造を保持していたようです。

 

 

 

 

お城に併設された宿舎は、お部屋が大変ゆったり出来ていて、

 

豊かな南オランダの文化を感じます。オーガニックな材料のみを使うレストランもあり、

 

小さな村の親戚の集いに使われている様子です。村が管理しているそうですが、

 

大変清潔で、簡素な美しさを漂わせています。

 

 

晩秋には、まだ少し紅葉した葉が木に残っていて、

 

強い風が吹くと、容赦なく土に落ちていきます。。。。。。

 

刻々変わる空の様子を見ながら、オランダの簡素な美学に心洗われます。