BLOGブログ

2011.07.21 Thursday

キッチンハウス福岡店の装飾


 
 
 
 
 
キッチンハウス福岡店の装飾は特別に気配りされています。
 
 
飾られているお花の選びからも活け方もとても斬新!
 
 
それでいて細かな心配り。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
イタリア リノ サバティーニの銀の花器
 
 
 
‘雨露の滴った樹木の葉を見つめながら、こんな美しい仕事がしたい!’
 
と、サバティーニさんが話されていたのは30年前。
 
 
 
もう亡くなられているでしょうが、投資会社が入って生き返ったサバティーニの銀器
 
 
 
爽やかにグリーンのケイトの花を生けた銀器をサバティーニさんに見せたいです!
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
1階の豪華なキッチン,3階にはコンパクトで使い易いプラクティカルキッチン
 
 
 
 
アイランドに成ったキッチンとテーブルがセット
 
 
 
KNOLLの椅子とも調和して家族の楽しい会話が聞こえて来るようです。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
ショールームのちょっとした隙間にもこのような気配り!
 
 
 
お花のちょっとした活け方でオブジェのようです。
 
 
 
どこか野道を歩いていたら出会いそうな小さな草花、
 
 
 
よーく注意していないと見逃してしまいそうな可憐な雑草、
 
 
 
疲れたとき、ちょっと気が滅入った時にふと静かに慰めてくれる小さい花達!
 
 
 
そんな花々を選んで活けて下さるスペシアリスト
 
 
 
出会いに感謝です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランク ロイド ライトが帝国ホテルを設計した時に、
 
 
 
帝国ホテルの中のライトのデザインしたバーで使われていた食器
 
 
 
 
版権が解除されてノリタケで製造されているものです。
 
 
 
 
落水荘で有名なフランク ロイド ライト
 
 
 
 
アメリカ シカゴ郊外、ライトが設計した自邸と友人達の為に設計した住宅が
 
 
オークパークにありますが、そこでも住宅の建築だけではなくインテリアも
 
 
置かれている家具達、食器類まで設計していたライト
 
 
 
 
 
そのころは丁度日本の帝国ホテルを設計していた頃なので、
 
 
住宅の窓や間仕切りなどに日本家屋の雰囲気を感じさせるモチーフがありました。
 
 
 
 
隅ずみまで自分のデザインで統一したライト
 
 
 
 
 
心意気が食器にまで反映されている気がします。
 
 
 
 
細かいところまで気配りされたショール―ムへ是非御立ち寄り下さいませ!