BLOGブログ

2014.08.19 Tuesday

のんびり気持ち良いお盆休み


 
 
 
 
 
 
生まれて初めて訪問したブラバー邸の佇まいと高台の庭園が印象的だったので
 
 
長崎のクリストフの訪問先は小高い山の上のブラバー邸、
 
 
過ごし易そうなベランダからの眺めに、‘ジェノバのような街’
 
 
確かに平野が少なく、山間に家々が並び、リビエラ海岸の街に似ているかも?
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
精霊流しや花火がお盆に帰省した長崎出身者には沢山の催し物
 
 
 
白い砂,青い海、水平線に上げられる花火
 
 
 
暑さも忘れて、皆海岸に座り込んで見ています。
 
 
何と言っても素晴らしい花火の音!
 
 
どーんという音が響き渡り、静まり返って空を見上げています。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
ブラバー氏は江戸末期、明治維新を経て近代化へ邁進する日本を支えたスコットランド人
 
 
 
NHK大河ドラマにも紹介された、維新の勇士坂本龍馬、三菱の創設者岩崎弥太郎
 
 
 
ブラバー邸に関する資料を訳していると、奥さんのテオドラさんが熱心に聴いてくれます。
 
 
 
坂本龍馬の肖像画の前で10代後半の日本の若者が一緒に写真を撮っていて、
 
 
テオドラさンは英語で ‘あなたもこの坂本龍馬のようになる?’
 
 
’ イエス マーム!’と元気な声が帰って来ました。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
小浜から30分くらいの白浜には近くに住む友人達が作ったテントがあり、
 
 
中には、この地で英語教師をして、5歳と3歳のお父さんであるオーストラリアからの
 
 
ジョージさんが十八番のバーベキューを焼いています、マッチョなヘアドレッサー
 
 
鯔背な魚屋さん―田中一雄さん、ケータリングを手がける山下夫妻、色々な地元の
 
 
人達が賑やかに夜が更けるのを忘れます。。。。。
 
 
 
 
テントの中には沢山のドリンクが有りますがそのまま1ヶ月くらいテントは放置され
 
 
来られる人が勝手にアイスクーラーから飲み物を呑んで、午後でも眠くなれば
 
 
眠って行くそうです、まるで天国のようなところ。
 
 
 
 
星が沢山出て来た頃、東京から3日掛かって鈍行で長崎に辿り着いたカメラマン
 
 
残ったバーベキューを美味しそうに平らげていました。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
時間がゆったり流れる故郷、それは何よりも大切な心の支えなのでしょう、、、、、、
 
 
 
久しぶりに日本の美しいお盆を堪能させて頂きました!