BLOGブログ

2010.12.27 Monday

都内でのインテリアの展示会


 
 
 
 
 
素晴らしい庭園と邸宅でイギリスのファブリック会社ー’アンダーソン’の展示会でした。
 
 
イギリスのアフタヌーンティーが出て、ちょっとイギリスに舞い込んだようです。
 
 
それもそのはず、この邸宅は永田町にあるイギリス大使官邸での催しです。
 
 
最近、外国の大使館や、大使公邸でコマーシャルな企画を良く見かけます。
 
 
10月の’デザイナーズ ウィーク’の始まりから欧米の大使館で
 
自国のデザイン紹介を始めたのが発端でしょうか?
 
 
 
今年もスペイン大使館、スウェーデン大使館、イタリア大使館
 
と競って企画展が開催されていました。。。。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
日頃は入れない大使館や公邸の建物は興味のあるインテリア関係者で一杯でした。
 
 
桜の季節には日本でも指折りの美しさを誇る千鳥ヶ淵。
 
 
イギリス大使館も公邸もすぐ目の前です。。。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
今年は色が鮮明だったもみじの紅葉、桜の移り変わりも綺麗でした!
 
 
皇居の外郭のお堀の前に堂々としたイギリス大使館。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
東京は中心に皇居があって、お堀の廻りをジョギング出来たり、
 
江戸城もだいぶ中まで見学可能。
 
 
遠くへ行かなくても自然を満喫出来るレアーな場所です。
 
 
日本人にこよなく愛される桜、芽吹き始める早春、
 
狂ってしまうように美しい開花、、、、、、
 
 
惜しみながら散って行く散り際、、、、、、、、
 
 
冬を迎える前にどの年も同じように紅葉して散り行く晩秋に彩りを添えてくれます。
 
 
 
何という自然の恵みでしょうか!
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
銀座に出来たブランド本社ビルの最上階に、ジョルジュ アルマーニのインテリア部門が
 
装いを新たにオープンしました。
 
 
最近、フランス、イタリアの大ファッションメーカーがインテリアにも進出!!
 
 
フェンディーカーサは、中国とソ連を主市場として、毎年倍増の売り上げに
 
フィアットの車の座席を作って薄利多売で泣いていたイタリアのアルベルト伯父さんは
 
嬉しい悲鳴を上げていました。
 
 
来年4月には、ファッション関係者があっと驚くブランドがインテリアに初進出!
 
 
それもそのお披露目のパビリオンのデザインは日本の建築家がされるそうです。。。
 
 
ちょっと楽しみに4月のサローネを待ちましょう!