BLOGブログ

2014.04.06 Sunday

TJMデザイン住設部ーグラフテクトのショールーム


 
 
 
 
 
 
 
TJMデザイン住設部に最近出来たーグラフテクト部門ーキッチンハウスの藤岡工場で
 
 
もう少し広いマーケットに向けて開発された部門です。
 
 
 
 
藤岡工場内にも特別なショールームが設営されていますが、ここ大阪では
 
 
グラフテクトのみのショールームの誕生です!
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
世界的な傾向である、オープンキッチンから始まるダイニングルーム
 
 
リラックス出来るリビングルームが一つのデザインコンンセプトで纏まっているので
 
 
大きなスペースが取れない日本の空間にはぴったりなアイデア
 
 
 
 
ドイツから直輸入のエバルト材による、オールナット、ベンゲ、ベージュ、ホワイトの
 
 
4色あり、部屋全てに同じイメージで揃える事が出来ます。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
建築やデザインに大変造詣の深いーTJMデザインの田島庸助社長!
 
 
 
ショールームの見せ方に商業的な観点からチェックが入ります。
 
 
 
 
当初,最近の流行の’ビンテージ’ 仕様で進んでいましたが、無垢の古い木材とは
 
 
エバルトが反応してしまい、商品の良さを引き出しかねていました。
 
 
田島社長の古い棚を移動し、配置を換えただけですっかり素敵になりました。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
流行を少し取り入れながら、現代の日本の空間をより素敵にしたい!
 
 
 
そんなTJMデザインの想いを込めて作り上げられて行くショールーム
 
 
 
 
今デザイン、技術の開発にあるーテンダーオールー壁面を利用しての
 
 
多目的壁ー初夏には商品化される予定で、色々な金属や材質の最終チェック中
 
 
 
 
 

 
 
 
 
限られたスペース予算でより快適でハッピーな生活を提案するTJMデザイン
 
 
 
 
益々、大きな夢が膨らんでいます!
 
 
 
壁面の額装は次のシリーズのロゴデザインを受け持つ,クリストフ ラドル氏の作品
 
 
 
賃貸用キッチンから家具に展開する新シリーズも今考察が深められています!!!