BLOGブログ

2014.11.30 Sunday

ミラノ新しい街ガリバルディー駅近郊


 
 
 
 
 
ガリバルディー駅の近郊が新しい街に生まれ変わっています。
 
 
 
 
万博の開催される2015年春完成予定で10年位掛けての大工事
 
 
 
 
壁面緑化や、バルコニーから大きな樹木が見えるので、緑化にはとても
 
 
 
神経を使っている様子が感じられます。
 
 
 
 
アパートあり、事務所棟あり、ブティックありとどこかの再開発を思い出しますが、
 
 
 
住宅棟は日本の建築家-磯崎新氏も設計されていました、前回の訪問のおり、いつも
 
 
 
磯崎さんが定宿にされているグランド ホテルでお目にかかり、ご挨拶しましたが
 
 
 
80歳を有に超えておられると思いますがとてもダンディーでお元気そうでした。
 
 

 
(ずいぶん前、イタリアのザノッタ社の家具を輸入していたとき、ショールームが
 
 
 
磯崎新氏のご自宅の下で、いつも悠々と隣の磯崎アトリエに歩いて行かれました
 
 
 
エキセントリックな芸術家-宮脇愛子さんとご一緒の頃です。。。。。)
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
ここに立つとまるでニューヨークかアジアの街にいるようです。
 
 
 
 
ミラノの駅というと中央駅が主流ですが、バリバルディー駅とパリが直行で7時間
 
 
 
フランスを代表するTGBはここガリバルディ-駅からの発車です。ミュンヘンに行くにも
 
 
 
直行のユーロシティーもガリバルディー発着です。イタリア国内も中央駅からよりも安めの
 
 
 
北ミラノ鉄道がローマ、ナポリ、フィレンツエに繋がっています。
 
 
 
 
 
 
 
格安航空会社がヨーロッパでも何社もあって、ほぼどの首都からも各都市に行けますが
 
 
 
少し時間に余裕があれば、例えば、パリーミラノ間はアルプス越えをするので車窓の眺めは
 
 
 
素晴らしいです、飛行機のチェックイン等のわずらわしが無いだけ鉄道の旅はリラックス
 
 
 
 
Maire Techmonto 社の本社に成るTorri Garibaldi のツインタワーがそそり立っています
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
東京の代官山でよく通った’イイタリー’ ニューヨークの次にやっとミラノに出現
 
 
 
 
 
ピエモンテ州のワイン、食材を中心に目を見張るばかりの品揃えです。
 
 
 
 
 
カフェでは、本を持って来て読んでいる人や、コンピューターをしている人たち
 
 
 
まるで、代官山蔦やです。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
チーズのコーナーの写真を撮ろうとしたら、売り場のおじさんがおどけてみせます。
 
 
 
最初、写真を撮影禁止!と言って手を上げられたのかと、聴いてみると
 
 
 
イエイエ、折角だからポーズをとったんですって。。。。。。。イタリアの良さです。
 
 
 
 
 
日本も関税が廃止されれば安くなるでしょうが、チーズの値段だけは、日本では5、6倍
 
 
 
帰る前の日にいつもオープンマーケットに寄って買い出して帰ります。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
イイタリーでは何でも揃います、イタリア各地の野菜あり、果物あり、
 
 
 
ピエモンテ地方の美味しい-ファッソーネ牛肉あり、ハムソーセージも何でもあります。
 
 
 
 
 
時間を忘れて買い物をしていたら、小さなスーツケースのサイズを思い出し、
 
 
 
これくらいにしました、、、、、、、、日本のデパートにもイイタリーのコーナーが
 
 
 
是非お訪ね下さいませ!ボン アペティート!!!