BLOGブログ

2022.03.26 Saturday

ウクライナ難民に間仕切りをボランティア=坂茂さん

 

 

パリのメゾンドオブジェに来たので、坂茂さんの事務所に伺いました、

 

ウクライナ難民にポーランドで間仕切りをボランティアする為に

 

ウクライナから20キロのところに行ったばかりでした。

 

 

 

間仕切りが出来たら、入った女性が突然泣き出したそうです、

 

死の恐怖と戦いながら、長〜い道のりを歩いてたどり着いた

 

ポーランドで、涙が噴き出したそうです。NHKでも放映されているので

 

ご存じな方も多いと思います。

 

 

 

ウクライナから20キロって’怖くなかった?’って聞いたら

 

’ウクライナの人々は死の恐怖に晒されているんだよ、そんな事

 

言ったら、何も出来ないよ!’って怒られてしまいました。

 

 

 

 

コンペで優勝した、’ラ セーヌ音楽堂’ の模型

 

丁度、コンペで勝てるかどうか?の日に、田島社長御夫妻も

 

坂茂さんの事務所を訪問されたのを昨日の様に思い出します。

 

 

 

 

 

 

エルメスの壁面、商品化されて、サローネで発表されました。

 

 

 

 

大変優秀で、坂茂さんを支えている秘書,紙管でインテリアが

 

構成された事務所、20時頃なのに、たくさんのスタッフが

 

残って仕事をされています。

 

 

 

 

 

クーパーユニオンの大学時代からだから、40年来の友人です。

 

若い頃は、年下なので、坂君って呼んでいましたが、今はマエストロ

 

と呼ぶ様になりました。建築家として活躍され、プリツカー賞も

 

受賞されましたが、其れにもまして、衰えない、人間として

 

人道救済に奔走されている姿勢です。夕食時は少し気が緩んだのか

 

とても楽しんでいる笑顔です!(お酒をちょっと減らして元気に

 

頑張ってください!)