BLOGブログ

2014.03.21 Friday

シンガポールの家具展-2014


 
 
 
 
イタリアのサローネ,パリのメゾンドオブジェの展覧会の集客状況に
 
 
疎い筈の無いシンガポール!今年からメゾンドオブジェが始まり、
 
 
家具展も期間内に開催! (シンガポールデザインウィークということで
 
 
実は失敗談もあり、メゾンドオブジェと同じ日程で家具展も開催されると想い込んで、
 
 
でも一日遅れでの開催ー次の日にはTJMデザインの田島専務は一泊二日でシンガポールに
 
 
いらしたので間に合いません。。。。。。諦めず、入り口の厳しいチェックをようやく
 
 
超えて準備中の家具展も全て見学出来ました)
 
 
 

 
 
 
 
100%アジア産の家具屋が出展しています、お洒落なビンテージボートの材料で
 
 
造られた家具達! ファッションブティックにも似合いそうです。
 
 
 
 
展示スペースは大小様々ですが、小さな家具工房が自分で運んで自分で販売している姿
 
 
 
も見受けられて,エネルギーを感じます。パリのメゾンドオブジェも開催開始時期には
 
 
そんな手作り感があり、刺激でした、最近は大きな企業も展示するようになり
 
 
出展費用も嵩むので、そんな小さな工房の出展は少なくなりました。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
中国ー広州国際家具展でも中国の家具製造技術の向上は目を見張る思い
 
 
ドイツ人、北欧、イタリアの製造メーカーが住み着いての指導が功を奏して
 
 
サローネに出しても引けを取らない商品が展示されていました。
 
 
 
同じ民族の集まるシンガポールですから、レベルが高いのは当然
 
 
 
 

 
 
 
 
無垢の木とスティールの脚の精度がとても上がった気がします。
 
 
 
日進月歩,世界レベルに達したアジアの家具達ーバリからは無垢の家具が
 
 
アマン分にお洒落に味付けされて展示されています。
 
 
 
フィリピンのお洒落なゲイの男性が最後の飾り付けに懸命!
 
 
エスニックな小物と照明がイーストミートウエストを感じます。
 
 
 
 

 
 
 
 
サマセットモームが小説を書き、ヘミングウェイの部屋が残っているラッフルズホテル
 
 
 
マレーシアのクアラルンプールにもイギリス,オランダ統治時代の建物が残っていますが
 
 
シンガポールは観光に力を入れるだけありとても綺麗に保存されています。
 
 
 
 
100年前にすーっと引き戻してくれるようなコロニアル建築、、、、、、、、
 
 
短い旅は,友人邸で締めくくりです!