BLOGブログ

2014.04.27 Sunday

キッチンハウスが扱うイタリア家具ーMDF社


 
 
 
 
 
 
キッチンハウスの福岡新ショールームが建築中ですが、そのオープニングには
 
 
北イタリアーブリアンザ地方のコンテンポラリー家具ーMDFー日本での初めてお披露目
 
 
MDF社は、創業者が80歳を超えたのを機に、3代目のカッシーナの創業家族
 
 
ジョゼッペ カッシーナ氏が経営に参入し。デザインナ―も充実して今年の
 
 
サローネではモダン家具のブースで大盛況でした。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
深刻な不況に悩むイタリアーブリアンザ地方でも経営状態がすこぶる良いMDF社
 
 
どうも、鍵は創業者が考案した機械ーハニカムテーブルの厚みを極力抑えて
 
 
4メートルまで飛ばせるテーブルトップにあるとか!
 
 
 
輸出担当マネージャーのルチア女史が教えてくれました。
 
 
日本市場初めてのMDF社の進出で、エキサイトしているルチア女史も
 
 
キッチンハウス福岡店のオープニングには出席して下さるそうです。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
二児の母で、溌剌としたルチア女史,ミラノのご自宅もMDFの家具でインテリア
 
 
 
使ってみて分かる良さを是非お客様にお伝えしたいので10年前MDF社に入社した時
 
 
家具を買い揃えたそうです。商品の説明には実感が伴うのがよくわかります。
 
 
 
 
 
MDF社とは材質のMDFをさすのかと思いましたが、Modern Furniture の略!
 
 
 
 
確かにミニマリズムがもてはやされる前から,この路線を一筋に走って来た感があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
キッチンが台所からダイニングルーム、リビングルームにオープンになった時から
 
 
キッチンとダイニングルーム、リビングルームの家具達とのコーティネートの
 
 
必要性が増しましたーこの情況を踏まえてキッチンハウスもオリジナル家具の開発
 
 
日本に入っていないヨーロッパの家具でキッチンハウスのキッチンとデザイン的に
 
 
コラボできる商品を探していました。
 
 
 
 
MDFの家具はそういう意味で最適な商材になりました。是非一度建築家ー窪田勝文氏
 
 
設計によるキッチンハウス福岡ショールームにお越し下さいませ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
2014年サローネ会場を沸かせたMDFの家具の秘訣をご覧下さいませ!