BLOGブログ

2012.10.11 Thursday

プーリアの民宿’ブリガンティーノ’のアート展示


 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
恵まれたマッセーリアの地下のスペースをアートの展示に使っています。
 
 
 
 
昔は敵の侵入を避ける為にこの地下で人が暮らしていたようです。
 
 
キッチンスペース、食事をするスペースがあり、寝室はキッチンの中で
 
 
火の近くにあり暖をとっていたとの事! 
 
 
 
 
近くに栽培されているオリーブの木々が7,800年は有に経っていて
 
 
木に寄っては1,000年の樹齢が有るオリーブも残っている様子なので
 
 
このマッセリアもほぼ400年位は経ているらしいのですが、石造りは
 
 
木造建築とは、こうも違った歴史を刻む物だとつくずく感じさせられるギャラリーです。
 
 
 
 
歴史の中でゆっくり時間を刻み続けるプーリア州のマッセリア!
 
 
 
後ろ髪を引かれながら帰路へと、、、、、、、