BLOGブログ

2014.10.02 Thursday

ミラノの楽園―クリストフ邸


 
 
 
 
 
ミラノでの憩いの時はいつもクリストフ邸
 
 
 
グラフィックデザイナー、アートディレクターと忙しい仕事の合間
 
クリストフの趣味はお料理!それも材料を吟味して仕入れから、
 
調理まで彼の忙しい時間を縫って行われます、でも表情を見ていたら
 
とても楽しそうです!
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
お休みに自家製のパスタを仕込んでおいて、ウィークデーは冷凍庫から出して
 
ソースはその日に帰り次第作られます、今日はミネストローネのように
 
イタリアの野菜がたっぷり入り、そこにイタリアンパセリ、バジルのハ―ブを効かせた
 
ソースです。パスタに馴染むように少し煮詰めて作られます。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
テーブルセッティングとワイン係は奥様のテオドラさん
 
 
ファッション会社に勤めて海外のバイヤーの商品選びをお手伝い!
 
 
バイヤーはプロなので、テオドラさんのアドバイスは重要でしょう、
 
 
前回伺った時はファッションウィークで、不況に喘ぐイタリアは色々な作戦で
 
 
集客を募っていました!ミラノ中がファッションショーをしているようでした。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
ミラノ老舗のホテル―グランドホテルのレストランでも
 
 
ファッションウィークは貸し切りでファッションショー
 
 
目線から脚がスタートするようなトップモデル達が街を闊歩
 
 
 
オープンカーに白髪のデザイナーが運転して,トップモデルを数名乗せてのドライブ
 
 
 
とても華やかで、ミラノサローネとは違った興奮が街中を覆っています。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
そんな賑やかなミラノの中心にいると、クリストフ邸のご招待は何よりのギフト
 
 
 
静かな御宅で遅めの夕焼けを見ながら、アプレティーボ(食前酒)
 
 
シャンパン好きなクリストフはイタリアのスパークリングより、シャンパンがお好き!
 
 
 
 
ポンタッチョー通りの選び抜かぬかれた魚屋さんは、前を通ると、
 
 
‘クリストフが蛸を買ったよ!今日お招きかな?’とかけ声が飛んで来ます。
 
 
 
 
アントニオチッテリオさんの奥様ーテリーデュアン女史―アメリカ生まれは
 
 
どの角を曲がっても知り合いに会い、バールでは半数が友人!
 
 
ミラノ狭さを嘆いていたのを思い出します。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
日本大好きクリストフご夫妻は今年2週間、九州を初めとして小浜、唐津の温泉三昧
 
 
温泉で出てくる御懐石料理の写真を沢山取って友人に送ったら、
 
 
夏休み後、本当にミラノに戻るの?と聴かれたそうです。。。。。。。。。